アイコン セキュリティータグ製造の(株)アジャイルシステム(長野)/自己破産へ

 

 

各種防犯警報装置や特殊詐欺対策機器など製造の(株)アジャイルシステム(長野県上伊那郡南箕輪村9608-1、代表:中島光彦)は6月21日事業停止、事後処理を平島史彦弁護士(電話0265-76-8577)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク
 

同社は昭和59年創業の防犯機器製造会社。セキュリティータグ、防犯警報機器、防犯関連装置、特殊詐欺対策装置の開発製造を行い、以前は8億円以上の売上高を計上していた。しかし、セキュリティー機器の分野に大手企業の進出が相次ぎ、同社は平成30年3月期には売上高が1億円台を割り込むまでに減少、資金繰りにも窮するようになり回復の見込みもないことから、今回の事態に至った。

スポンサード リンク
 

[ 2019年6月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ