アイコン 追報:サントラスト(株)(宮城)/破産手続き開始決定

 

 

既報。中古タイヤ・アルミ卸のサントラスト(株)(所在地:宮城県仙台市若林区遠見塚***)は6月12日、仙台地裁において破産手続き開始決定を受けた。

停止時の負債総額は約3億円。

スポンサード リンク
 

同社は、平成23年10月に設立。

破産管財人には、岩渕健彦弁護士が選任されている。

 

 

既報記事
中古タイヤのサントラスト(株)(宮城)/自己破産へ

同社は平成23年10月設立の中古タイヤ・中古アルミホィールの卸業者。同社の最近の経営は消費不況の影響を受け、競争激化、採算性の悪化を招いていた。平成30年9月期の売上高は2億5千万円以上を計上していたが、赤字で債務超過に陥っていた。

最近は、大衆レベル車でも最初からアルミを履いている。こうしたことも販売不振の一因になったかもしれない。

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年6月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ