アイコン 明治34年創業の天星酒造(株)(鹿児島)/民事再生手続き開始決定 新型コロナ関連倒産

 

 
 

蒸留・混成酒製造の天星酒造(株)(所在地:鹿児島県曽於郡大崎町菱田*** )は12月17日、鹿児島地裁において再生手続きの開始決定を受けました。

負債総額は約3.5億円。

資本金は1000万円、従業員が7名。

同社は明治34年創業、昭和29年10月に法人化へ、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあり事業を断念、今回の処置となった。

再生債権の届出期間は令和3年1月20日まで。

再生債権の一般調査期間は令和3年2月24日から令和3年3月3日まで。

事件番号は令和2年(再)第1号となっています。

 


 

概要

業種

蒸留・混成酒製造

住所

鹿児島県曽於郡大崎町菱田***

代表

***

創業

明治34年

設立

昭和29年10月

資本金

1000万円

負債

約3.5億円

 

[ 2021年1月 5日 ]
スポンサード リンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産