アイコン アンジャッシュ渡部で有名になった「多目的トイレ」 名称変更?「バリアフリートイレ」などに

多機能トイレ

報道によれば・・・

国土交通省が、建築物のバリアフリー設計指針を4年ぶりに改定することがわかった。

障害者ら向けのトイレは「多目的」「誰でも」といった名称を避け、利用対象を明確化するよう求めるという。

一般の人が使うことで本来必要とする人が利用できない事態を防ぐためで、おそらく、アンジャッシュ渡部氏の「多目的トイレ」での破廉恥行為が発端だと思われる。

現行指針では「多機能トイレ」として高齢者や車いす、乳幼児連れの人に配慮した設計を例示しているが、上記のように心無い一般の人が違う目的で使うこともある。

改定案は総称を「バリアフリートイレ」とし、施設管理者に、誰でも使えるような名称から見直すよう求めており、3月にも決定するという。

以上、報道より参照

 

 
 

ネットの反応では・・・

『渡部んじょでいいんじゃね』

『渡部が国を動かした、やるな』

『まあこれで復帰はできなくなったな』

『どんだけ迷惑かけたんだよ』

『渡部さんのおかげですね』

『これで復帰したらネタが山ほどあるからお笑いとしてはいいね』

などのキツイ声が上がっている。

 

[ 2021年2月 5日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産