アイコン 家庭用ゲームソフトとハードの売上ランキング 任天堂強し コナミ桃太郎電鉄55万本

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2021年1月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上データをまとめた。集計期間は2020年12月28日~2021年1月31日(5週分)。各分野の販売ランキングは次のとおり。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1位 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ (Switch) KONAMI 556,733本
2位 リングフィット アドベンチャー (Switch) 任天堂 229,006本
3位 あつまれ どうぶつの森 (Switch) 任天堂 227,903本
4位 マリオカート8 デラックス (Switch) 任天堂 181,258本
5位 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch) 任天堂 120,689本

 

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1位 Nintendo Switch(合計) 875,389台
 (先月1位 Nintendo Switch(合計) 975,797台)
2位 プレイステーション5(合計) 72,420台
 (先月2位 プレイステーション5(合計) 53,715台)
(Nintendo Switchは、Nintendo Switch Liteとの合計値、プレイステーション5は、プレイステーション5 デジタル・エディションとの合計値)

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1位 任天堂 139.9万本
2位 KONAMI 59.4万本
3位 ポケモン 12.3万本
以上、「ファミ通」リリース参照

日本のゲーム市場は定番が売れる、というほど簡単なものではない。桃太郎電鉄は1988年にハドソンから最初にリリースされ、シリーズ化されて今日に至っている。桃太郎電鉄は残ってもハドソンはコナミに吸収され消滅している。

今回のヒットはハードのコンテンツ(桃鉄)との相性や社会情勢が一致した賜物だったと思われる。

売れるとこに出す、売れないとこには出さない、昔のゲーム業界はそんな単純な動きだったのだが、ソニーが会社として強すぎるためか、たとえ売れなくても出さざる得ないメーカーが多いようだ。



0216_06.jpg

 

[ 2021年2月16日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
 


PICK UP


PICK UP - 倒産