アイコン (有)大孝建設(静岡)/破産手続き開始決定

続報。土木工事の(有)大孝建設(富士市一色637、代表渡邊和則氏、従業員3名)は、2月18日に静岡地裁富士支部より破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約4億円。

資本金は300万円。

同社は昭和30年9月創業、昭和56年7月に法人化へ、とあるトラブルが発生後、業績に影響し悪化、事業を断念し今回の事態となった。

 
 

破産管財人は杉山利朗弁護士が選任されている。

破産債権の届出期間は令和3年4月1日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年5月27日午前10時20分。

 

 

概要

業種

土木工事

住所

静岡県富士市一色***

代表

***

資本金

300万円

創業

昭和30年9月

設立

昭和56年7月

負債

約4億円

 

既報記事
(有)大孝建設(静岡)/自己破産へ

 
 

 

 

 

[ 2021年2月24日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産