アイコン 不動産業の「アフリーズエンシック」/自己破産、倒産へ <埼玉・川口市> 新型コロナ関連

 
 

不動産売買の(株)アフリーズエンシック(所在地:埼玉県川口市本町4-13-1、代表大崎治男氏)は6月3日、事業を停止して、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約1億円。

資本金は2000万円。

同社は平成14年4月に設立、業績が低迷する中、新型コロナの影響でさらに悪化し事業を断念、今回倒産の事態となった。

担当弁護士は、黒瀬拓馬弁護士(電話番号:03-6206-1687)となっている。

 

[ 2021年6月21日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧