アイコン (株)中西武道具(大阪)/自己破産へ 新型コロナ関連倒産


武道具の製造販売の(株)中西武道具(所在地:大阪市生野区勝山南1-2-3)は11月19日、自己破産の準備に入った。

以下倒産要約。

スポンサーリンク
 
 

スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

(株)中西武道具

2

本社地

大阪市生野区勝山南1-2-3

3

代表

中西悠貴

 

創業

1933年

4

設立

1954年3月、

5

資本金

3000万円

6

業種

武道具の製造販売会社

7

売上高

以前のピーク期、約3億円

2020年3月期、約2億円

8

破綻

2021年11月9日、

事業停止/自己破産申請の準備中

9

委託弁護士

江崎辰典弁護士(飛翔法律事務所)

電話:06-6361-7141

10

裁判所

未定

11

負債額

約2億円

12

破綻事由

同社は武道具専門店、柔道、剣道、空手など道着や用具などを以前は自社生産して販売していた。最近は生産は外注し、修理等の職人は抱えていた。販売先は警察や愛好家、学校などであったが、少子高齢化で需要は伸び悩み、苦しい経営が続いていた。そうしたところに新コロナが直撃、各種武道大会が2年にわたり中止され、売上高が急減、資金繰りにも窮するようになり、先行きの見通しも立たないことから、今回の事態に至った。

残念。

 

[ 2021年12月 2日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧