アイコン 北朝鮮 豊渓里核実験場近くからの脱北者 被爆394ミリシーベルト

スポンサード リンク

北朝鮮の地下核実験場=咸鏡北道吉州郡豊渓里付近に住み、2度の核実験後に脱北した元住民2人に、原爆被爆者にみられるような染色体異常が生じている。
韓国の研究者が収集したデータを広島の専門家が確認し判明した。
推定される被ばく線量は高い人で累積394ミリシーベルトに達し、核実験による放射線の影響が疑われる。
この数値は、広島に投下された原子爆弾の爆心地から約1.6キロの初期放射線量に相当する。
豊渓里周辺では近年、核実験の影響が疑われる体調不良を訴える住民が増えており、被害の実態把握を求める声が上がっている。
以上、

坑道落盤の大規模地震で一部で山塊崩壊も発生しており、漏れ出ないのがおかしい。韓国の報道によると、吉州郡豊渓里付近の住民の平壌入りを当局が禁止しているという。放射線で金正恩の健康に害を及ぼす可能性があるからだという(韓国の報道であり、真意のほどは別だが、ここまで住民が汚染されていたら、入場禁止措置を取るのも違和感はない。坑道の掘削は近くに刑務所があり、収監者たちが大量動員されているという。治療など皆無なのだろう。)

祖国のため、祖国のため
・・・真冬の暴風・厳寒時期に数百キロ沖合いまで漁に出ている。ぼろぼろの木造漁船の白骨死体が日本へ流され漂着している。
洗脳ほど怖いものはない。
北朝鮮の白頭山思想、韓国のロウソク民心教・教祖文在寅の積弊清算怨念思想。

スポンサード リンク
[ 2018年1月 9日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ