アイコン トランプ氏は認知症の検査受けるべきと、精神科の専門家70人以上指摘

スポンサード リンク

精神の専門家らはトランプ氏について、
1、発言にまとまりがない、
2、ろれつが回らない、
3、古くからの友人の顔が分からない、
4、同じ内容の発言を繰り返す、
5、細かい動作をする能力が下がった、
6、読んだり聞いたり理解したりするのが困難、
7、判断力や計画立案、問題解決、衝動抑制の能力が疑わしい、
8、最近目に見えて語い力が低下した
といった所見を挙げている。

トランプ米大統領(71)の健康診断を担当した担当医に対し、専門家らが精神面の検査を求める書簡を送っていたことが14日までに分かったとトランプ大統領がフェイクニュース社だと断じているCNNが報じた。

トランプ氏は12日に健診を受け、担当のロニー・ジャクソン医師が同日、「極めて健康」との見方を示した。精神面の検査が実施されたかどうかは不明。
診断結果をどこまで公表するかは、トランプ氏自身の判断に任される。

書簡は11日、米国、カナダ、ドイツの著名な専門家ら70人を超える人たちが共同で送付した。この年齢層の米国人は、定期的に精神面の検査を受けるのが標準になっていると指摘し、さらに国民は、大統領の健康状態を明確に知る必要があると強調。
トランプ氏の精神状態を懸念する声に基づいて、認知症の検査を実施するべきだと提言した。

トランプ政権の内幕を描いた最近のベストセラー「炎と怒り」の著者、マイケル・ウォルフ氏もCNNとのインタビューで、トランプ氏の周囲にいる人は全員が、同氏に職務遂行能力がないとの考えだと述べた。
これに対してトランプ氏はツイッターを通し、自身を「極めて情緒が安定した天才」呼んで反論。ホワイトハウスはトランプ氏の精神状態を疑問視する声を「くだらない」と一蹴し、同氏が精神面の検査を受けることはないと述べていた。
以上、

ハンバーガーばかり食べていることに起因しているのだろうか。
それより、ツイッターで政治を行い、嫌いな議員などをツイッターで徹底して攻撃、や、「こっちのミサイルはもっと大きいぞ」と自慢したり、大統領として、常軌を逸した言動の異常性が問題では・・・。すでに金正恩から「老いぼれ」など適当にあしらわれ、オチョくられている。
 

スポンサード リンク
[ 2018年1月15日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ