アイコン ヒットポイントの「旅かえる」 中国で大ヒット  癒し旅系ゲームアプリ

ヒットポイントのゲームアプリ「旅かえる」は、まだ日本語版しかストア発売されていないが、すでに中国で大ヒット中、中国ではデータ改造業者や偽物まで出現し、偽物がなんとダウンロード1位を獲得したという。
同社は「旅かえる」のキャッチフレーズに「自由気ままなかえると旅を」としている。ジャンルは放置型シミュレーションゲーム、無料でダウンロードでき、ゲーム内で課金あり。

中国人民日報系環球時報は1月29日、日本のゲームアプリ「旅かえる」が中国で爆発的な人気を博した理由について、米ニューヨーク・タイムズ紙の報道を紹介した。
(「旅かえる」はまだ日本語版しか発売されていない)

スポンサード リンク
 

記事は、ニューヨーク・タイムズの26日付文章を紹介している。

「1匹の旅するカエルが主人公である日本のゲームアプリが、リリースからわずか数週間で、中国で大きな人気を獲得した。このゲームは実にシンプルで、庭に生えている『みつ葉』を集めてカエルに食べ物などを買い与えると、カエルが旅に出ていくというもの。帰宅時に旅の途中で撮影した写真やお土産を持ち帰ってくるのだ」と説明している。

(別の内容説明 : ゲーム内容は、旅好きのカエルに旅をさせるというもので、クローバーを集めて食べ物や装備を購入してカエルに与える作業を繰り返す。より多くのクローバーがあれば、より良い物をカエルに与えられ、それにより旅の行き先やお土産も変わってくる。クローバーを無課金で手に入れるのに時間がかかり、購入料金も決して安くないことから、中国では「仏系ゲーム」と呼ばれているという。)

そのうえで、実際にプレイした中国人の声を紹介している。
天津市の28歳の会社員は「いろんなことを考えなくていい、いや何も考えなくていい。競争の要素がないので、とても気楽に遊べる」と語り、北京市の22歳の大学生は「カエルを育てることで、親心というものを理解したような気がする。自分も旅をした時には、両親になるべく写真を送ってあげようと思う」と話したという。

文章は、「旅行気分を味わえることや、わが子を育てる感覚が、多くのプレイヤーの共鳴を引き起こした」と分析。一方で、あまりのブームに一部からは「青年たちがカエルの世界にはまり込んでしまうのでは」との懸念の声も出ているとし、政府系の微博アカウントでは、「最も充実した生活を送るためにも、孤独なカエル飼いの青年にならないようにしよう」といった警告が出ていることを伝えている。

<データ改造業者出現・流出リスク>
北京青年報は1月24日、中国で爆発的な人気を集めている日本のゲームアプリ「旅かえる」について、遠隔操作によるデータ改造を販売する業者が出現し、個人ID流出などのリスクが生じていると伝えた。

「旅かえる」は、日本のゲームアプリ開発会社ヒットポイントが昨年11月リリースしたゲームアプリ。現在、中国で大人気となっており、今月10日から中国のApp Storeの無料アプリランキングとゲームアプリランキングでトップになっている。

<パクリゲームが№1に、批判受けストアが削除>
中国青年網は1月27日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、日本のゲームアプリ「旅かえる」が、中国で爆発的なブームを起こしていることに関連し、中国に「パクリ版」が登場し批判が殺到していると伝えている。
「旅かえる」は、日本語版しかなく、まだ中国語版はリリースされていないが、中国のiPhone向け無料ゲームランキングで1位となり、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)でも多くの人が話題に取り上げている。

そうした中、中国版アプリが23日に有料ゲームとして登場し、瞬く間にダウンロード1位となったが、これは偽物だという。

配信開始の翌日までに利用者から8000件ものコメントがついたが、「偽物だった」「がっかりした」「ひどいパクリ版だ!気をつけろ」など低評価と激しい批判にさらされた。これを受け、このパクリ版アプリは、ストアから削除されたという。
以上。

こうした中国での配信はすべて中国版ツイッターなどで拡散されており、膨大な蛙同行の旅人が出現し、さらに増加するものと見られる。中国でのヒットは日本のゲームが好きな中国のゲーマーが書き込み、拡散され、火がついたものとみられる。
同社には同社にとって空前の利益が転がり込むと見られる。努力し続けてきた成果かもしれない。

 

会社名
株式会社ヒットポイント
Hit-Point Co.,Ltd.
所在地
<名古屋開発>
愛知県名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル8F
<京都開発>
京都市中京区室町通御池上る御池之町324-1 御池幸登ビル5F
代表
代表取締役 光岡 優
設立
2007年9月
資本金
1,000万円
事業内容
ゲームソフトの企画開発
モバイル関連コンテンツの企画・開発・運営
最近の作品
旅かえる(旅蛙)
Overlaid
ツッコミロケット
RESCEY
なるものか
SPOONPETSあつめ
Henri-アンリ-
ねこあつめ
きぐるみゅ~じっく
聖戦クロニクル

 

[ 2018年1月30日 ]
スポンサード リンク
 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ