アイコン ますます冷え込むパチンコ業界 出玉規制強化 2月1日から

警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正し、2月1日から規制を強化する。

以上報道より参照

倒産するパチンコ屋も増える中、ますます客離れが加速、業界がひえっひえになることは必至。

規制の具体内容は、パチンコの業界団体の調査で客が1度に遊ぶ標準とされる4時間で獲得できる玉の数を金額にして5万円分を下回るようにするほか、1回の「大当たり」で獲得できる玉の数を現在の2400個から1500個に引き下げるなどとなっている。

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備推進法の成立前に、ギャンブル依存症を減らすのが目的だが、一言いえば、

・・・70年遅すぎる。

 

スポンサード リンク
1006_06.jpg
1006_07.jpg
 

警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正し、1日から規制を強化します。

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備推進法の成立を受けて政府がギャンブル依存症の対策などに取り組む中、
警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180201/k10011310821000.html

スポンサード リンク
[ 2018年2月 1日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ