アイコン 追報:1.7万㎡の西川産業火災 バイトがストレス発散のため放火 東京西川

 

 

埼玉署は9日、埼玉県加須市新利根1-7にある寝具メーカー「西川産業(株)」(本社・東京都中央区日本橋富沢町8-8/代表:西川康行/2017年1月期売上高343億円/創業1566年・永禄9年)の物流倉庫に放火したとして、同市道目のアルバイト砂賀悟容疑者(21)を建造物侵入と非現住建造物等放火の疑いで逮捕した。
砂賀容疑者は8日午後9時頃、アルバイト先の同倉庫に侵入し、段ボールなどに火をつけた疑い。建物は鉄筋コンクリート2階倉庫約1万7000平方メートルが全焼し、約20時間後の9日午後5時15分頃にほぼ鎮火した。出火当時、倉庫は無人で、けが人はなかった。

スポンサード リンク

調べに対し砂賀容疑者は、「ストレス発散のためだった」と話しているという。同社などによると、倉庫では布団やシーツ、枕など、全国の小売店に配送する商品を保管していたという。
以上、

同社が所有する最大の物流倉庫「本部大利根センター」の今回の火災は、もう一箇所ある小型の「宇都宮センター」では到底補えず、同社の売上高に大きく影響するものと見られる。
アスクル倉庫の火災同様・紙や綿類は一度火が入ればなかなか消化するのは難しい。

0310_02.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年3月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ