アイコン 北の金正恩委員長 北京を電撃訪問

 

 

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が北京を電撃訪問した。関係者3人が明らかにした。2011年に最高権力者の座に就いて以来、金正恩氏の外遊が伝えられたのはこれが初めて。
取り扱いに注意を要する情報であることから匿名を条件に語った関係者によると、滞在期間や会談相手など詳細は現時点で不明とブルームバーグが報じている。

共同通信は、北朝鮮の要人用とみられる列車が中朝国境の丹東を通過した可能性があると報道し、日本テレビは、正恩氏の父、正日氏が2011年の死亡直前に北京を訪問した際に使用したものに似た列車が26日に北京に到着した映像を報じていた。

金委員長の北京訪問について米国が事前に知らされていたかどうかは不明。
米国務省報道官ジュリア・メイソン氏に質問したところ、「中国側に問い合わせてほしい」との短い返答があった。

スポンサード リンク

ジェームズ・マーティン不拡散研究センター(カリフォルニア州)の研究者メリッサ・ハナム氏は「この会談が確認されれば、数週間後にトランプ氏と金正恩氏が臨む写真撮影よりも生産的な出来事になるかもしれない」と指摘。
「北朝鮮は、恩知らずな弟のように見られることが多いが、最近の緊張の高まりや核およびミサイル開発能力の向上を受け、中国はこの機会を真剣に受け止めている。蚊帳の外に置かれることは望んでいない」と続けた。
以上、ブルームバーグ参照

習近平が、同盟国の北朝鮮を訪問せず、蜜月時代を築いた南朝鮮の朴政権を訪問したことから、屈辱を受けた北の金正恩は怒り狂い中国を相手にしなくなった。
昨年5月、ロシア訪問を計画していたが、ロケットマンの斬首作戦が米中で練られているとの報道を受け中止していた。

今回の金正恩の訪中は、的を得ているとしか言いようがない。なぜなら、米中貿易戦争が勃発し、中国がアメリカとの関係を悪化させている絶妙のタイミングだからだ。
中国が北に悪知恵を入れ込む可能性もあるが、習金関係は5年以上悪化したままであり、1回訪問したとしても蟠りは解消されない。

米朝会談の結果がどうなろうが、核廃絶に向けねちっこい交渉が続くものと見られ、北はそうした間に早期に禁輸解除と資金援助を引き出したいのかもしれない。
米トランプ政権は対北朝鮮最強硬派のボルトンを補佐官に就任させており、交渉開始だけでは禁輸解除には至らない可能性が大きい。

 日本は当然、米中露とは異なり核廃絶に向けた交渉中は制裁強化の一辺倒となる。ただ、世界の流れに竿を差してばかりもいられず、巨額資金をこっそり提供するか、北と国交のあるモンゴルのバトトルガ大統領(柔道連盟会長)に仲立ちをお願いし、舞台裏で交渉を再開するものと見られる。
 もしも、北朝鮮が完全に核廃絶した場合、日本は北に対して賠償金問題を抱え、すでに南朝鮮に対して北の分も合わせて渡したとするか決断を迫られる。このままだと病気でもしない限り、34歳の金正恩は向こう40年間以上白頭血統として金王朝を続け、現在の当事国者は誰も生きていないほど先まで君臨し続ける。

・・・訪中したのが金正恩なのか金与正なのかはまだ確認はなされていないが、特別列車の仕様から金正恩の可能性が極めて高い。

スポンサード リンク
[ 2018年3月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ