アイコン 3年5か月ぶり 中東情勢への懸念からガソリン価格高値更新

 

 

今週のレギュラーガソリンの小売価格が全国平均で1リットル当たり145.9円と前の週より0.4円上昇、149円台だった平成26年12月以来3年5か月ぶりの高値を更新した。

イランの核合意をめぐる中東情勢への懸念から、原油価格が上昇していることが影響しているとみられる。

以上報道より参照

スポンサード リンク

なお石油情報センターは「原油価格の上昇傾向は続いているが、ガソリン価格への転嫁は進んでいないため、これからさらに上昇しそうだ。トランプ大統領がイランに対し過去最大級の経済制裁を行うと発表したが、それがどのように実施されるのか気がかりだ」としている。

まだまだ値上がりは続きそうだが

今回、ガソリン値下げ隊はモリカケや不倫騒動で忙しいので結成されないか。

0509_07.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年5月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ