アイコン RKB毎日放送H/3月決算  今期は放送事業減収予想

 

 

同社は、広告業界について、引き続きインターネット広告費が大幅に伸長し、広告費全体では前年度を上回った。
地上波テレビの広告費は「ピョンチャンオリンピック・パラリンピック」等の大型スポーツイベントがありましたが、前年の「リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック」等の反動減もあって微減となり、ラジオの広告費は前年度をやや上回った。

テレビ部門では、タイム収入は、前年度に比べ3.1%の増収となった。前年度から実施している音楽イベント「音恵」等、イベントと連動した番組の開発等により収入増を図った。
スポット収入は、上期を中心に活況が続き、前年度に比べ0.2%の増収となった。
業種別では、食品、通信・アプリ、薬品等が落ち込んだものの、輸送機器(自動車)、化粧品・トイレタリー、住宅・建材等が好調に推移した。
この結果、テレビ事業全体では前年度に比べ0.9%の増収となったとしている。

同社はいろいろな事業も行っている。「シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA」を開催。他にも福岡市との「TheCreators2017」、北九州市との「TGCKITAKYUSHU2017」等、行政と連携したイベントにも取り組み、中でも今回10回目を迎えた「FACo(福岡アジアコレクション)」など行っている。
今期については、放送事業が減収になるとしているが、理由は述べていない。

スポンサード リンク
連結/百万円
売上高 
前期比
営業利益
前期比
営業利益率
放送事業
17,445
0.5%
1,727
-10.5%
9.9%
システム関連
5,219
-3.6%
354
 
6.8%
不動産
1,082
-0.1%
 
 
 
その他
2,844
-0.7%
-87
 
 
調整
-10
 
 
 
 
合計
26,580
-0.6%
2,204
1.4%
8.3%

 

連結/百万円
売上高 
営業利益
←率
経常利益
株主利益
15/3
25,100
1,521
6.1%
1,670
1,031
16/3
25,666
1,711
6.7%
1,827
1,127
17/3
26,708
2,174
8.1%
2,305
1,780
18/3
26,558
2,204
8.3%
2,355
1,539
18期/17期比
-0.6%
1.4%
 
2.2%
-13.5%
19/3期予想
26,380
1,750
6.6%
1,870
1,190
19予想/18実
-0.7%
-20.6%
 
-20.6%
-22.7%

スポンサード リンク
[ 2018年5月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ