アイコン SONY スヌーピーの株39%を200億円で取得 チャーリー・ブラウン

 

 

スヌーピーなどの人気キャラクターで知られる「ピーナッツ」のブランドについて、過半数株をもつカナダのDHXメディアは15日までに、保有分のほぼ半分をソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)に1億8500万ドル(約200億円)で売却すると発表した。

DHXメディアは、売却後もスヌーピーやチャーリー・ブラウンなどの人気キャラクターは変わらないと説明、「米国人も日本人もカナダ人も、同じスヌーピーを愛している」と強調した。

スポンサード リンク

SMEは2010年にピーナッツブランドのライセンス契約を結び、スヌーピーは日本で絶大な人気を集めている。
DHXメディアは13日、同社が保有するピーナッツブランドの株式80%のうち、49%をSMEに売却する契約を交わした。保有分はDHXメディアが41%、SMEが39%となる。残る20%は、ピーナッツの生みの親である故チャールズ・シュルツ氏の遺族が引き続き保有する。

ピーナッツは、1950年代、シュルツ氏がコミックで連載を始めた。1965年にはテレビに進出し、玩具や書籍も登場、2015年には映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」が公開されている。

DHXメディアは1年前、80%の株式をアイコニック・ブランド・グループから1億7500万ドルで取得していた。今回の売却は債務の解消が目的で、6月30日までに完了する見通し。
 以上、
SONYはスヌーピーのほのぼのアニメ映画でも制作するのだろうか。

0516_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年5月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ