アイコン 米トランプ 6.12の米朝会談 延期もしくは中止の可能性表明 22日の文在寅会談で

 

 

米トランプ大統領が22日(現地時間)、来月12日にシンガポールで予定されている米朝首脳会談に対し、延期・中止カードを取り出した。
特に、韓国の文在寅大統領との首脳会談でこれを初めて公式に発言し、韓国政府を当惑させたという懸念まで提起されている。
北朝鮮が「一方的核廃絶」を拒絶し、会談中止の可能性で米国を圧迫すると、米国も会談を中止することがありうると表明した。

文大統領はこの日、ホワイトハウスで開かれた単独首脳会談に先立ち、記者団の質問に「最近の北朝鮮の態度のために、米朝首脳会談が開催されるかどうか心配する声もあるが、私は米朝首脳会談が予定通り開催されるものと確信している」と答えた。

文大統領は「米朝首脳会談の成功に対して、北朝鮮の完全な非核化実現に対して懐疑的な見方が米国内にあることは充分承知している」としつつも「過去に失敗したからといって今回も失敗するだろうと会談前から悲観すれば、歴史の発展はありえない」と指摘した。
文大統領は特に、「しかもこの首脳会談を導く人はトランプ大統領だ」と強調した。

スポンサード リンク

文大統領は、会談の冒頭発言では「韓半島(朝鮮半島)の運命と未来が関わっていることなので、私も最善を尽くして米朝首脳会談の成功を助け、トランプ大統領といつまでも共にするだろう」と約束した。
また、「トランプ大統領だからこそ、過去数十年間、誰も成し遂げることのできなかった偉業を成し遂げることができると確信している」と持ち上げた強調した。
文大統領は「力を通した平和というトランプ大統領のビジョンとリーダーシップのおかげで、史上初の米朝首脳会談が開かれることになり、韓半島の完全な非核化と世界平和という夢にぐっと近づくことができるようになった」とトランプ大統領を絶賛した。

反面、トランプ大統領は、単独会談の冒頭発言で「シンガポール会談(米朝首脳会談)が開かれるかどうかは今後を見守るべきだ」としながら、「もし、開かれれば、非常に良いことになるだろうし、北朝鮮にとっても良いことだ」と述べた。
あわせて「万一開かれなくても、それでも大丈夫だ」と述べた。トランプ大統領は引き続き、記者団の質問に対しては「我々が求める特定の条件があるが、その条件を得るだろうと考える」とし、「もし、この条件が満たされなければ会談はしない」と答えた。
「6月に(会談が)行われない相当な可能性がある」とも述べた。
トランプ大統領は、北朝鮮の金正恩国務委員長の非核化の意志に対しては「彼はまちがいなく非常に真剣だと考えている」としつつもこのように明らかにした。
以上、
実務クラスの米朝交渉が進められており、かなりの火花が飛び交っているようだ。米ポンペオ国務長官が事前交渉の責任者となっているが、「(北の)国家体制を保障する」と言及し「米国企業の投資などにより韓国以上の経済発展を見ることだろう」と綺麗ごとは並べるものの、「朝鮮半島からの米軍撤退もしくは大幅削減」には一切言及せず、「米国のお金=税金は1円足りとて投入しない」など述べている。

トランプは中間選挙を控え成功させるため米朝直接会談において、何らかケリをつけるものと見られる。今年2月、トランプは経費負担から韓国駐留米軍を引き上げると述べ、軍部出身のマクマスター大統領補佐官 (国家安全保障担当)と対立した経緯があり、マクマスターはその後解任され、保守強硬派のボルトンが就任している。

米政府の韓国政府との韓国駐留米軍経費負担交渉は先日、これまでと同様の負担割合の扱いで終了している。
米軍も先般、韓国駐留米軍規模を22,000人程度と現行の28,500人体制から2割強減員した計画を策定している。

米トランプは半分以下に米朝交渉用に減らす可能性が高い。中国貿易制裁対象のTHAADについては、韓国政府が申し入れない限り、逆に撤去しないものと見られる(米軍全面撤退は考えられないがトランプ変数での可能性もある。全面撤退ではTHAADも撤去される)。

スポンサード リンク
[ 2018年5月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ