アイコン 日本人落札 ロシア女帝が愛したパール「眠れる獅子」 32万ユーロ

 

 

ロシアの女帝エカチェリーナ2世(在位1762年~1796年/ロシア暦)が、かつて所有した、世界最大といわれる淡水パール「眠れる獅子(Sleeping Lion)」が5月31日、競売に掛けられ、日本人が32万ユーロ(約4100万円)で落札した。

競売を主催したオランダのフェンデュハウスが明らかにした。

この淡水パールは特徴的な形状からとしても知られ、18世紀前半に中国、おそらく珠江(Pearl River)で生成されたとみられる。

フェンデュハウスによると、重さ約120グラム、長さは7センチ近くで、三つある世界最大パールの一つ。

予想落札価格は34万~54万ユーロ(約4300万~6900万円)とみられていた。

以上、AFP参照

スポンサード リンク

↓キモイ形状のグチャグチャパール「眠れる獅子」

中国で外貨流出規制が緩和されれば、倍近い価格で売れるかもしれない。

0602_04.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ