アイコン トランプ米大統領の北朝鮮非核化ロードマップ ホワイトハウスご招待

 

 

<トランプ米大統領の北朝鮮非核化ロードマップ>
「(金正恩の)完全な非核化表明」
↓(完全な非核化の条件付)体制保障
「終戦宣言」

(ホワイトハウスご招待)

「(北朝鮮の)完全な非核化」

「国交正常化」

トランプ大統領は、12日のシンガポール米朝首脳会談が成功裏に進めば、金正恩朝鮮労働党委員長をホワイトハウスに招待する考えも明らかにした。

スポンサード リンク

トランプは、朝鮮半島終戦宣言について、「私たちは朝鮮戦争終戦の合意に署名できる。それは最初の措置になるだろう」とし、「しかし、それは本当に開始であり、恐らく容易な部分だ。最も難しい部分がその次に残っている」と強調した。
完全な非核化に進む過程が容易でないことを示唆した。

トランプは、北朝鮮との国交正常化問題と関連して、「国交正常化は私が期待することだ。すべてのことが終わった時、そうなることを望む」と述べた。
トランプが、北朝鮮との終戦宣言と国交正常化推進の意向を明らかにしたのは初めてであり、「先に非核化、後に国交正常化」ロードマップを公式化したとみえる。

トランプが「終戦宣言」と「米朝国交正常化」、「金正恩氏のホワイトハウスご招待」まで言及したことから、これまで両国の実務会談で北朝鮮側の相当な譲歩があった可能性がある。

しかし、ポンペオ米国務長官は、「金正恩氏が『CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)』に向けて決断を下すことを期待する」と述べた。これは、米国がCVIDに関して北朝鮮からまだ確実な返答を聞いていないことを示唆する。
「終戦宣言」や「国交正常化」などのトランプ氏の発言は、「非核化」と関連して決断を躊躇する正恩氏に確実なアメを見せるためとみえる。

トランプは、「(シンガポールに)どれくらい滞在するのか」という質問に、「1日、2日、3日・・・。何が起きるかにかかっている」と話した。
なお、交渉がうまくいけば、北に対する体制保障について、北はコロコロ変わるトランプに不信感を持っており、ポンペオ米国務長官は、北への体制保障を議会で批准し、担保すると述べている。
以上、東亜日報参照。

双方ともこれまでのやり取りから性格を知り尽くしており、金正恩が会うからには「完全な非核化くらいは表明」するだろう。しかし、その後、交渉の展開しだいで、コロッと変わることが懸念され、双方とも何が飛び出すかわからないのも事実。拉致問題解決も含めてすべてがうまくいくよう外野席は祈るしかない。

スポンサード リンク
[ 2018年6月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ