アイコン 米トランプ 貿易に友人も敵も関係なしとツイッター

 

 

Sorry, we cannot let our friends, or enemies, take advantage of us on Trade anymore. We must put the American worker first!

その前のツイッターでは、われわれはGDPの軍事予算に4%を使っているが、NATOに対するドイツの拠出金はGDPの1%しかないと再度ドイツを批判した。
前回は、就任早々のNATO訪問で、同様の発言をし、ドイツ・メルケル首相が激怒し、NATOではなく欧州軍を設立する必要性にも言及していた。
当然、米国の鉄鋼関税に対するEUの報復関税を批判したものであり、さらに自動車に対しての関税を正当化するための内容となっているものと見られる。
以上、

スポンサード リンク

明日の米朝会談を前に、シンガポールでゆっくり寛いだらよいものを。恨めしい限り。
米トランプが自動車と自動車部品の輸入に25%の関税がかけたら、日本は0.1%GDPを下押しする影響を受けると試算されているが、心理的な面も含め、それどころではないだろう。
6月15日には301条米中貿易戦争も和解か戦争かが決定する。戦争になれば報復合戦となり、日本は貿易相手の2大大国の戦争にオロオロすることになる。
100%アメリカとともにある日本政権は、米トランプのこうした政策に甘受するしかない。
米トランプは日本とのFTA締結を米主導で狙っている。100%アメリカとともにある日本政権は、交渉できるのだろうか。投資家あがりのロス商務長官は貿易対日・中強硬派だ。投資家時代・その後の銀行家時代に日本が大損でもさせたのだろうか。国際政治とはそんなもん。
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ