アイコン 歴史的シンガポール米朝首脳会談・拡大会議始まる

 

 

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)による史上初の米朝首脳会談が12日午前9時すぎ(日本時間同10時すぎ)、シンガポール本島の南にあるセントーサ島のカペラホテルで始まった。

トランプ大統領は冒頭、金委員長に対し、「気持ちがとても良い」として、「良い対話が行われると思う。大成功するだろう」と語った。
また「光栄だ。われわれは大変素晴らしい関係を築けると思う」と述べ、会談成功への期待を示した。

金委員長は「ここまで来る道は容易ではなかった。われわれの足を引っ張る過去があり、誤った偏見と慣行がわれわれの目と耳をふさぐことがあったが、すべてを乗り越えここまで来た」と述べた。
トランプ氏は「その通りだ」と応じた。
両氏は通訳だけを交えて会談した後、両国高官を交えた拡大会合を実施。続いて、昼食会も開いた。

スポンサード リンク

拡大会議には、両首脳に加え
米国からは、ポンペオ国務長官、ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が出席している。
北朝鮮は、非核化を巡る米国との直談判に訪中した金英哲党副委員長、李洙ヨン党副委員長(元スイス大使/正恩の後見役)、李容浩外相と外交ブレーンの面々をそろえた。

なお、文大統領は所在不明の様相だったが、12日青瓦台での会議に出席し、昨夜は眠れなかったと話したという。これで終戦宣言はお預けとなったようだ。

トランプ大統領は、今夜帰国の予定と報じられている。

0612_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ