アイコン 5月の中国自動車販売9.6%増加 再び増加傾向へ 制裁の影響で米車売れず

 

 

輸出が好調なことから景気がよくなっているのか、再び自動車が売れ始めた中国市場。
乗用車販売は前年同月比7.9%増の188万94百台だった。
また、商用車は、内需・外需とも好調に推移していると見られ、18.6%増の39.83万台、5月までの累計では9.1%増と2桁近い販売台数となっている。

注目されるのは米国車の販売減、当然、米トランプの中国貿易恫喝に国民感情が燃え上がる国でもあり、反米不買により▲11.3%減の落ち込みを見ている。
15日に米トランプが301条(知的財産権侵害)による500億ドルの制裁を行えば、韓国勢に見られるように、さらに急激に落ち込む可能性もある。

日本勢は、別記するが、ホンダが問題を起こし、売れ筋のCR-Vがリコール・販売停止に追い込まれ、5月▲11.3%減、5月までの累計でも▲6.5%減となっている。販売先行でチェックが甘く、日本でFIT問題を起こした教訓が生かされておらず、中国市場では、昨年まで絶好調だったことから経営者の慢心・驕りがあったものと見られる。

スポンサード リンク
2018年5月中国自動車販売状況
中国汽車工業協会版ほか
 
5月
1~5月累計
 
台数
前年
台数
前年
 
(万台)
同月比
(万台)
同月比(%)
乗用車
188.94
7.9%
990.08
5.1%
 うちセダン
94.01
12.0%
473.06
4.7%
 うちSUV他
94.93
4.0%
517.02
5.4%
商用車
39.83
18.6%
189.17
9.1%
総計
228.77
9.6%
1179.24
5.7%
民族系と外資系別
2018年
5月
1~5月累計
 
台数
前年
台数
前年
 
(万台)
同月比(%)
(万台)
同期比(%)
民族系
78.59
7.7%
436.04
4.2%
独系
40.40
9.9%
207.18
9.4%
日系
36.52
9.2%
171.09
5.1%
米国系
19.63
-11.3%
107.75
-3.5%
韓国系
9.03
72.0%
43.82
16.2%
仏系
3.18
4.2%
16.97
5.0%
・中国汽車工業協会版(工場出荷台数=販売台数)
日系勢の中国販売(輸入車含む)
5
台数
前年
台数
前年
(台)
同月比(%)
(台)
同期比(%)
日産
128,059
14.3
589,409
10.8
トヨタ
122,400
8.6
562,200
8.7
ホンダ
99,263
-15.3
501,116
-6.5
マツダ
24,495
-2.4
126,530
12.6
・マークラインズ資料などより(輸入車なども含む)

スポンサード リンク
[ 2018年6月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ