アイコン 子どもの自閉症/88%の精度で血液検査から予測できる?

 

 

子どもの自閉症は88%の精度で血液検査から予測できることが明らかに。

2017年8月に一度、自閉スペクトラム症(ASD)の子どもは血液検査から97%以上の精度で予測できるという研究結果が示されたが、一部の保健機関から研究内容に問題点があるとして指摘を受けていた。
そこで、レンセラー工科大学で医用生体工学の教授を務めるユルゲン・ハーン氏らの研究チームが研究内容を見直し、再度実験を行った結果、血液検査からASDの子どもを88%の高い精度で予測できることが明らかになったという。

以上報道より参照

ほとんどの子どもは4歳になるまでASDであるかどうか結果を知ることができなかったが、これらの研究の成功により早ければ今後数年で実際のASDの診断に用いられるようになる。

 

スポンサード リンク

◆子どもの自閉症は88%の精度で血液検査から予測できることが明らかに

自閉スペクトラム症(ASD)の子どもは血液検査から97%以上の精度で予測できるという研究結果が2017年8月に示されましたが、一部の保健機関から研究内容に問題点があるとして指摘を受けていました。
そこで、レンセラー工科大学で医用生体工学の教授を務めるユルゲン・ハーン氏らの研究チームが研究内容を見直し、再度実験を行った結果、血液検査からASDの子どもを88%の高い精度で予測できることが明らかになりました。

GIGAZINE 2018年06月22日 17時00分
https://gigazine.net/news/20180622-success-blood-test-autism-affirmed/

スポンサード リンク
[ 2018年6月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ