アイコン 最新・台風12号 29日未明に近畿-09時姫路⇒29昼広島⇒30日09時対馬

 

 

これまで北上していた台風12号は、本州を東から張り出した強い太平洋高気圧に進路を阻まれ、中国満州にある高気圧と東シナ海にある高気圧(両方ほとんど停滞)との間の弱い気圧の谷を東から西へ通過するこれまでとはまったく異なる変則台風。

台風は、本州の太平洋沖は例年より海水温が高く、本州へ近づくに連れさらに発達しているのも特徴。また、台風は東西に長い雨雲を持ち、それに向かって暖かい湿った太平洋の大気が流れ込み、今後、各地で暴風とともに大雨をもたらす可能性がある。
瀬戸内海沿岸域では7月はじめの大豪雨と似た現象が生じる可能性があり、一帯は厳重な警戒が必要。

<台風の進路とスピード>
台風は、スピードも進路が通常と逆コースをたどっており、29日未明本土上陸後は、通常のようにスピードを加速度的に増すことはなく、時速30キロ程度で西方へ、29日午前9時頃姫路市近隣、その後広島県-山口県を抜け、30日午前9時には西方の対馬あたりに異動するものと見られている。

スポンサード リンク
台風第12号 (ジョンダリ)
<28日11時の実況>/気象庁
大きさ
-
強さ
強い
存在地域
八丈島の東約230km
中心位置
北緯 32度55分(32.9度)
東経 142度20分(142.3度)
進行方向、速さ
北西 45km/h(24kt)
中心気圧
970hPa
中心付近の最大風速
35m/s(70kt)
最大瞬間風速
50m/s(100kt)
25m/s以上の暴風域
北東側 130km(70NM)
南西側 90km(50NM)
15m/s以上の強風域
北東側 390km(210NM)
南西側 280km(150NM)
 
<28日12時の推定>八丈島付近
大きさ
-
強さ
強い
存在地域
八丈島の東約200km
中心位置
北緯 33度10分(33.2度)
東経 141度55分(141.9度)
進行方向、速さ
北西 45km/h(24kt)
中心気圧
970hPa
中心付近の最大風速
35m/s(70kt)
最大瞬間風速
50m/s(100kt)
25m/s以上の暴風域
北東側 130km(70NM)
南西側 90km(50NM)
15m/s以上の強風域
北東側 390km(210NM)
南西側 280km(150NM)
 
<28日21時の予報>伊豆半島沖
強さ
強い
存在地域
伊豆半島最南端の石廊崎の南南西約50km
予報円の中心
北緯 34度10分(34.2度)
東経 138度40分(138.7度)
進行方向、速さ
西北西 35km/h(20kt)
中心気圧
970hPa
中心付近の最大風速
35m/s(70kt)
最大瞬間風速
50m/s(100kt)
予報円の半径
70km(40NM)
暴風警戒域
北東側 200km(110NM)
南西側 170km(90NM)
 
<29日09時の予報>姫路
強さ
-
存在地域
姫路市付近
予報円の中心
北緯 34度55分(34.9度)
 
東経 134度30分(134.5度)
進行方向、速さ
西 35km/h(18kt)
中心気圧
985hPa
最大風速
30m/s(55kt)
最大瞬間風速
40m/s(80kt)
予報円の半径
110km(60NM)
暴風警戒域
全域 200km(110NM)
 
<30日09時の予報>対馬
強さ
-
存在地域
対馬市の西約50km
予報円の中心
北緯 34度10分(34.2度)
東経 128度50分(128.8度)
進行方向、速さ
西 20km/h(12kt)
中心気圧
994hPa
最大風速
20m/s(40kt)
最大瞬間風速
30m/s(60kt)
予報円の半径
200km(110NM)
 
<31日09時の予報>東シナ海
強さ
-
 
熱帯低気圧
存在地域
東シナ海
予報円の中心
北緯 32度25分(32.4度)
東経 126度05分(126.1度)
進行方向、速さ
南西 ゆっくり
中心気圧
998hPa
予報円の半径
310km(170NM)
・その後黄海を北上して中国北東部へ向かう見込み
 
 
 
0728_01.jpg
 
0728_021.jpg
 
0728_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年7月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ