アイコン 広島市近郊府中町本町3丁目で榎川氾濫 晴れた今日午前土石流が発生・下流域で

 

 

晴れ渡った10日午前、いきなり、広島県府中町本町3丁目を流れる榎川の寺山橋で、上流から流れてきた土砂や流木が堰き止められ、川の水があふれ出した。現在も泥水が住宅地へ流れ出ている。

町では、川の周辺には小学校や幼稚園などがあり、町は周辺の1万377世帯、2万3516人に避難指示を出し、町内の2ヶ所の避難所などに速やかに避難するよう呼びかけている。
町によると、複数の住宅が浸水しているのが確認されているが、これまでのところけが人などの情報は入っていないという。

府中町の住宅地を流れる榎川は、1級河川の太田川の支流にあたる全長4.8キロの県が管理する河川。
県によると、10日午前、県の職員が榎川で土砂を含んだ大量の水が突然流れてきたのを確認したほか、その上流にある「砂防えん堤」と呼ばれる土砂の量を調整する施設を土石流が乗り越えているのを確認したという。

スポンサード リンク

県は「砂防えん堤」のさらに上流で土石流が発生した可能性があるとみて、詳しい原因を調べるとともに、新たな土石流が発生する危険がないか調べている。
また、県では土砂や流木の撤去作業を急ぐとともに、住宅地に流れ込んだ水をポンプで排水する作業を進めることにしている。
以上、

かなりの泥を含んだ泥水であるため、排水活動は難航するものと見られる。一方、河川は比較的幅が小さく、完全に土砂で埋まっており、上流から押し寄せる泥水がそのまま住宅地の方へ流れ出ている。
重機ショベルで土砂を取り除こうとしているが、上流域から押し寄せる泥水に困難を極めている。また、投入されている重機類もまだ少ない。
救助隊は、泥水に腰あたりまで浸かっており、足を取られている。ボートも泥水に動かず、救助隊員が泥水に浸かり押して移動させている。ほとんど手が付けられない状態となっている。

スポンサード リンク
[ 2018年7月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ