アイコン 日本列島各地に大雨洪水警報・土砂災害警報発令中 九州・瀬戸内・近畿・北陸集中豪雨

 

 

台風7号が過ぎ去ったものの台風一過とはいかず、梅雨前線が停滞、北海道が大洪水、四国・近畿で河川の氾濫のニュースが流れ、昨年の福岡中部豪雨の6日、再び、九州北部一帯を豪雨が襲った。

九州中部から瀬戸内海-近畿・北陸にかけ帯状の豪雨地域の梅雨前線が形成され、南方からの大量の湿った空気が供給され続けており、各地に大豪雨をもたらしている。

この前線は、6日は九州北部にあったが、現在は南下し九州中部に移動している。しばらくは九州中部-南部から瀬戸内海方面へ前線が連なるものと見られる。

 

スポンサード リンク

九州北部に位置するオフィスも豪雨に見舞われ、近くでは一級河川の支流が氾濫し床下浸水も生じていた。

平野部の洪水は満潮とも関係し、山間部での降雨状況を常に監視しておく必要がある。

衛星写真では東シナ海に大きな厚い雲の丸い塊があり、前線に沿い九州に移動してくる恐れもある。

 

↓ 雨雲の動き(気象庁版)

https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

 

全国各地の潮位表(気象庁版)

https://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/index.php

0707_02.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年7月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ