アイコン 神鋼 不正データ事件 法人だけ立件か トカゲの尻尾切り以下

 

 

日本の司法当局は、今般の一連の不正データ事件で、法違反となる企業や責任者・担当役員に対して重罪を科すべきではないだろうか。
神鋼だけを血祭りにあげても何ら問題の解決にはならない。同じことは何度でも繰り返される。
それほど日本品質が危機に陥り、世界に問われている。それも下請けには厳しく迫る大会社ばかりだ。

東京地検特捜部は10日、「神戸製鋼所」の性能データ改竄事件で、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で法人としての同社を立件する方針を固めたことがわかったと報道されている。
神戸製鋼は複数の国内工場で、強度や耐久性といった性能を満たさないアルミなどの製品を製造し、性能を満たしているかのように装った虚偽の検査成績書などを納入先企業600社以上に示していたとされる。

スポンサード リンク

一部工場では不正が始まったのは遅くとも1970年代以降とされ、役員5人を含め計約40人が関わったとされる。
特捜部は、データ改竄が会社ぐるみだった実態に即し、実行行為者の個人に加え、法人も処罰できるとする両罰規定の適用が可能と判断したとみられる。会社側も容疑を全面的に認めているという。
以上、サンケイ参照

サラリーマン経営者が身の保全から、利益最優先に変わったことが最大の原因。竹中平蔵が米基準のハゲタカを日本側が無防備な状態で導入させたことが最大の原因だ。グローバル化はあくまで米基準に過ぎない。売・奴竹中平蔵は今だ100%アメリカとともにある政権内を渡り歩いている。

スポンサード リンク
[ 2018年7月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ