アイコン 韓国海外旅行3千万人時代、自虐ネタ「アグリー・コリアン(醜い韓国人)」と

 

 

韓国にも海外旅行3,000万人時代がやって来た。
韓国観光公社によると、海外に出国した韓国人は2015年には1,931万人だったが、16年に2,238万人、昨年は2,650万人へと増加。今年は上半期(1~6月)だけで1,432万人が出国し、年間出国者数は3,000万人を超えると予想されている。

だが、韓国人の旅行文化は相変わらず成長が見られないという。
とりわけ手ごろな価格で複数の観光地を回れるパッケージツアーに対する評価は低い。
強行スケジュールの消化を優先するあまり、現地の公共秩序を乱す「アグリー・コリアン(醜い韓国人)」を量産しているという。

韓国旅行業協会によると、昨年に韓国で旅行会社のパッケージツアーを利用した人は988万人。海外旅行に行く韓国人の3人に1人以上(37%)がパッケージツアーを利用しているという。

ノルウェーでは、旅行ガイドが、事前に通貨のクローネを用意せず、客はユーロしか持たず、有料トイレを使用できず、ガイドの進めで多くの人が茂みで用を済ませたという。

スポンサード リンク

ベトナムのハロン湾観光では、ガイドがツアー客に対して、禁煙エリアで喫煙を勧めたという。そしてガイドたちが喫煙していたという。

九州では、待ち時間を短縮しようとセキュリティーチェックの前にショッピングバッグ数十個を一列に並べ、セキュリティーチェックのゲートが開くと、買い物してきたツアー客をショッピングバッグに位置させ、並んでいた日本人たちなどが激怒していたという。

ある旅行業界の関係者は、「ガイドは、ツアー客による評価やチップに対して非常に敏感な職業だ」として、「禁煙場所で喫煙できるよう便宜を図ったり、割り込みを促したりしてでもツアーのスケジュールをきっちりこなす。そうでなければツアー客から『ベテランガイド』と評価してもらえなかったり、チップももらえなかったりするため、旅行のマナーを後回しにするケースが多い」と話しているという。
以上、韓国紙参照
ガイドが現地人なのか韓国人なのかは不明なところもあるが、大勢のツアー客ならば、韓国人のガイドが付くはずだ。
公共物や世界遺産への落書きなど大勢での行動は、集団心理が働きややもすると気が緩む。一人や少人数の個人旅行客にそうした蛮行を行う韓国の人たちは新興宗教関係者以外いない。

朝鮮日報は「アグリー・コリアン(醜い韓国人)」問題を、ガイドの問題だとして結論を出しているが、本質はツアー客の資質の問題。これでは、いつまでたっても「アグリー・コリアン(醜い韓国人)」から逃れることはできないだろう。

また、韓国の国内旅行より海外へ行く人たちも多い。韓国内の観光地では国内の旅行者に対してもボッタくりがあり、旅行者は国内旅行に嫌気が差し、LCCで安価に行け、ボッタくりがなく、海外旅行気分も味わえる日本への旅行者が大幅に増加してきたという。
韓国はもっと韓国内旅行を推奨すべきだろうが、まずは地域観光地の団体がボッタくりをなくさせる動きが必要ではないのだろうか。
中国は訪韓ツアーの観光制裁を行っているが、過去一度、中国当局がボッタくりの原因となっている格安旅行を締め付けた経緯があり、再び規制を強度に締め付けたものとも受け止められている。韓国と中国旅行者が手を組んだ当初から仕組まれたとんでもないボッタくり旅行など言語道断だろうが、それも韓国側の旅行社がボッタくりツアーを中国側旅行社に仕掛けており、韓国政府が何も規制しないところに、「アグリー・コリアン(醜い韓国人)」も含めて、多くの観光問題を発生させているといえようか。

飛行機で、酒を飲み騒いだり・喚いたりするのも韓国人たちが突出している。それも企業の重役たちも多く含まれている。

スポンサード リンク
[ 2018年8月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ