アイコン 斗山 2時間超 産業用ドローン飛行可能な電池開発

 

 

事なかれ主義のサラリーマン経営者の日本企業は、すでにいろんな分野で韓国の財閥企業に先を越されている。
斗山(DOOSAN)が、新成長事業として進めてきたドローン用燃料電池事業に本格的に進出する。
斗山は6日、米国ラスベガスで5日から7日まで開催されている「2018インタードローン」の展示会に参加し、2時間飛行を可能にする産業向けドローン用燃料電池「DP20」を初めて公開した。

DP20は、斗山の独自技術で開発した産業用ドローン専用燃料電池パック。斗山は2016年、独自の技術で開発していた。
燃料電池パックは、水素と酸素の電気化学反応で電気を発生させる電池集合体。
DP20は、水素を入れた容器を着脱する方法で燃料源を簡単に交換できる。
既存のドローン用バッテリーを搭載では20~30分間の飛行だが、DP20は、水素容器の1回の充電で2時間以上飛行できる。

スポンサード リンク

産業用ドローンは、太陽光や風力発電所の設備管理、林業病害虫防止と森林火災のモニタリング、長距離の緊急物品運搬、人間が入りづらい厳しい環境での調査などの作業を行うことができる。
斗山は、2025年まで約7兆ウォン(約7,000億円)の規模に成長すると分析している。
斗山は、国内外でモデル事業と実証試験を行った後、来年上半期にドローン用燃料電池の製品を量産化し、ドローン関連の中小企業と協力する方針。
顧客の利便性のためには、水素供給と充電、配送サービス体制の確立など様々なサービスが必要となる。
以上、韓国紙

水素は圧縮した状態の容器で販売するのだろうか。
独自技術というより水素燃料電池をパック化したパクリか。
何だろうが、モノにしたものが勝ち。
中国企業が世界をリードしている4隅羽ドローンさえも元は日本企業がホビーで開発したもの。

スポンサード リンク
[ 2018年9月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ