アイコン 8月の訪日外客数 前年同月比4.1%増

 

 

2018年8月の訪日外客数は、前年同月比4.1%増の257万8千人。
2017年8月の247万7千人を10万人以上上回り、8月として過去最高を記録した。
8月までの累計は2,130万9千人となり、これまでで最も速いペースで2,000万人を超えた。
新規就航等による航空路線の拡充の効果もあり、訪日外客数全体としては昨年同月を上回った。
一方で、大阪府北部の地震や平成30年7月豪雨の影響により、これまで訪日者数の伸びを牽引してきた東アジア市場の一部で、訪日需要が抑えられたことが、訪日外客数全体の伸びの鈍化に影響を及ぼした。

市場別では、イタリア、スペインが単月として過去最高を記録したほか、16市場(中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、ロシア)で8月として過去最高を記録した。

北海道庁は9月15日、最大震度7の北海道胆振東部地震が発生した6日以降、道内の宿泊施設の予約をキャンセルしたのは延94万2千人で、飲食などを含む観光全体の損失額は推計約292億円に上るとの集計を発表していた。ただ、国内客・訪日客別には集計されていない。

スポンサード リンク
2018年8月の外国人訪日客数 国別/JNTO
2018年
8月
1~8月累計
 
客数
前年比
客数
前年比
シェア
総数
2,577,800
4.1%
21,308,900
12.6%
100.0%
中国
860,000
4.9%
5,795,600
18.7%
27.2%
台湾
394,500
4.4%
3,360,800
8.0%
15.8%
香港
198,100
0.7%
1,535,500
1.4%
7.2%
韓国
593,900
-4.3%
5,218,300
12.0%
24.5%
タイ
47,500
31.3%
728,600
16.8%
3.4%
シンガポール
16,300
6.3%
237,400
11.5%
1.1%
マレーシア
20,100
-4.6%
279,400
8.8%
1.3%
インドネシア
17,500
25.2%
258,100
16.1%
1.2%
フィリピン
24,700
15.9%
329,300
21.8%
1.5%
ベトナム
34,200
38.7%
262,000
26.9%
1.2%
インド
10,500
4.3%
103,400
14.2%
0.5%
オーストラリア
23,700
7.0%
352,900
12.0%
1.7%
米国
103,100
12.1%
1,023,900
11.6%
4.8%
カナダ
24,900
10.9%
218,000
8.0%
1.0%
英国
24,200
9.1%
219,900
8.8%
1.0%
フランス
28,200
14.5%
210,700
14.5%
1.0%
ドイツ
16,200
13.5%
139,500
9.2%
0.7%
イタリア
22,100
28.5%
102,200
21.1%
0.5%
スペイン
19,300
29.8%
79,500
21.5%
0.4%
ロシア
6,700
14.8%
60,900
27.2%
0.3%
その他
92,100
9.8%
793,000
10.7%
3.7%

スポンサード リンク
[ 2018年9月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ