アイコン トランプのChinaつぶしは米国の意思

 

 

この勝負は米国の一方的な勝ち。中国はオバマの甘さを米国の甘さと勘違いしていた。

こうなった時の米国は冷酷でしかも強いよ。

しかも米国は中国と中共は別物だと冷静に判断している。

米国は中国ではなくて中共を潰そうとしている。

0919_03.jpg

スポンサード リンク

上間裏 アキヒコ
https://www.facebook.com/jyomaura?hc
【 トランプのChinaつぶしは米国の意思 】

トランプ大統領、中国製品に追加関税発動を発表、過去最大の22兆円規模 24日から 

中国からの輸入品のほぼ半分に関税が上乗せ、トランプの対China制裁が拡大していますね。

これらの政策は、もちろん米国中間選挙に向けた、米国民へのアピールの要素もありますけど、主な目的はストレートな「China潰し」です。

米国はその国家意志として「独裁国家がこれ以上の力を持つことは許さない」

と宣言しているのですよ。それに尽きます。

これ以上の拡大を許さないばかりか縮小させる。

文革か大躍進かそれ以前か?

かつてのようなアジアの貧乏国家にするまで、手を緩めるつもりはないのでしょう。

なんせトランプが求めていることは、「パクリをやめて知的財産権を守れ」という
Chinaが絶対に実現不可能なことなのですからね。

しかしこれをそのまま伝えてしまうと、日本中のパヨクが絶望してしまう。

それでは新聞雑誌は売れず、テレビも見ない。

パヨクマスゴミは商売あがったりになります。

だからマスゴミは以下のような方法で、ものごとの本質が分からないようにします。

①トランプ個人の意思として扱う

まずトランプを訳の分からん狂人と印象づけ、狂人が火病しているんだ、ということにします。

0919_04.jpg

これらの措置を求めているのはむしろ米議会ですが、それだと米国の国家意思になってしまう。

だから「基地外の発作」扱いに矮小化するんですね。

②対等のケンカに見せかける

米国の措置を伝えたら、必ずChinaの対抗措置も合わせて伝える。

そうすることで「お互いにやりあっている」

対等のケンカのような印象にすることができます。

実際にはこれはケンカになっていません。

米国はいざとなれば自給自足可能な超大国です。

Chinaは自給自足ができず、貿易がないと死ぬ。

そして根本の貿易額もまったく違います。

今はメンツを守るために、見かけ上の対抗措置を取っていますが、実際には互角のやりあいなどではありません。

一方的ななぶり殺しに近いものです。

③日本もやられるぞと脅す

米国のChinaに対する態度は、日本のような西側同盟国への態度と根本的に違います。

しかしマスゴミはわざと両者を一緒くたにする。

「我が日本も他人事ではないぞ」

「トランプのデタラメを許していると 日本も同じ目にあうぞ」に誘導する。

うまくすればトランプ批判の日本世論を高め、米国を牽制させることを狙っています。

日本国に米国に「もうやめとけ」と言わせたいのです。

もちろん日米の間でも貿易摩擦は存在します。

しかしそれはあくまで同盟国同士の交渉事項。

相手を潰すための経済制裁とはまったく違う。

マスゴミはそこんところを分からなくします。

・・・まあ、でもまだこれも序の口。

「関税制裁」なんかより、その後に控えている「金融制裁」の方が、何倍も威力があり破壊的です。

マスゴミもそれはとっくに分かっている。

いくつかのマスゴミでは、そろそろクーデターの気配。

トランプ派に寝返るところが出てくるでしょう。

老害パヨク首脳部と心中したがるマスコミ人は、

そんなに多くはないでしょうからね(笑)。

「保守速報」より
http://hosyusokuhou.jp/archives/48823087.html

スポンサード リンク
[ 2018年9月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ