アイコン トヨタ自動車世界初、レクサス「ES」にサイドミラーにカメラ設置

 

 

トヨタ12日、10月下旬に国内で発売する「レクサス」の新型セダン「ES」で、サイドミラーの替わりにカメラを選べる設定を用意すると発表した。

サイドミラーの位置にカメラを取り付け、車両後方の映像を運転席、助手席の前に設けた5インチディスプレイで確認できる。トヨタによると量産車での採用は世界で初めてという。

ウインカー操作、リバース操作と連動させ、表示エリアを自動的に拡大するほか、ドライバーの操作で任意に表示エリアを広げることも可能としている。

スポンサード リンク

カメラは水滴が付きにくい形状とし、天候や時間帯に応じてモニター映像の明るさも自動で調整するため、雨天や夜間でも見やすく、安全性が高まるという。

0913_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年9月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ