アイコン 「Origami」へ「信金中央金庫」10億円出資 QRコード決済で提携

 

 

「Origami Pay(オリガミペイ)」は、おさいふケータイのようなスマートフォン決済サービスを展開しているベンチャー企業。既に全国の多種多様な店舗の20,000店と提携している。
提携店でスマートフォンをかざせば決済音がなり、支払いが完了する。決済音を担当したのはサカナクションで話題となった

信用金庫の全国組織にあたる「信金中央金庫」が、スマートフォンを使った決済サービスを手がけるITベンチャーと資本・業務提携を結ぶ。
「信金中金」は、スマホ決済を手がけるITベンチャー、「Origami」におよそ10億円を出資するとともに業務面で提携する。

スポンサード リンク

具体的には、飲食店や小売店、それに宿泊施設など、全国の信用金庫の取引先に対し「Origami」のスマホ決済の導入を働きかけていくという。
国内ではQRコードを使ったスマホ決済に参入する企業が相次いでいるが、地方では現金しか使えない店が依然、多いのが現状。
「Origami」のスマホ決済は、中国有数の決済サービス、「アリペイ」にも対応しているということで、キャッシュレス化の普及で、現金を取り扱う手間などを減らすだけでなく、中国人観光客の買い物需要を取り込むことも見込んでいる。

中小の企業や店舗などと結びつきの強い信金業界がキャッシュレス化に本腰を入れることで、国内での普及や地域の活性化などにつながるか注目される。
以上、
中国の都市部では日本で開発されたQRコードを使い、野菜や果物などのマーケットの露天店に至るまで完全に普及している。ここの価格を読み取るだけで決済できる。

 

会社概要
会社名
株式会社Origami
本社所在地
東京都港区六本木6丁目10番1号
六本木ヒルズ森タワー 31F 
大阪オフィス
大阪市中央区安土町2丁目3番13号
大阪国際ビルディング 31F
代表者
代表取締役社長 康井義貴
設立
2012/2/22
資本金
21億円(2016年5月現在)
事業内容
コマースサービスOrigamiの企画•運営
カマホアプリ決済、Origami Pay普及事業
代表取締役社長 康井義貴氏の略歴
1985年トロント生まれ。
トロント、ニューヨークで幼少期を過ごし、10歳から東京に在住。
シドニー大学留学、早稲田大学卒業、
リーマン・ブラザーズでM&Aアドバイザリー業務に従事
シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタルDCM Venturesで米国、日本、中国のスタートアップへの投資を手掛ける。
2012年、Origami(オリガミ)設立。
一般社団法人キャッシュレス推進協議会理事、経産省産業構造審議会商務流通情報分科会委員。

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ