アイコン 押し買い商法のシーエスアート社ら 追徴課税6億円 自己破産へ

 

 

大阪国税局が中古品販売などを手掛ける「シーエスアート」(本社:大阪市)グループを税務調査し、架空仕入れを計上するなどして、2017年までの5年間で約11億円の所得隠しを指摘されたことがわかったと報じられている。重加算税を含む追徴税額は約6億円の見通し。
国税局は、客の自宅を訪れて貴金属などを強引に買い取る「押し買い」を従業員が繰り返し、その所得の一部などを申告しなかったとみている。

グループは、リサイクルショップの運営やブランド品の買い取り・販売などをし、いずれも実質経営者が同じで、従業員も一部重なっているという。

事実上の本社を大阪に置き、消費者庁が2014年に押し買い業者として初の業務停止を命じた(株)HE-ART (エア)について、大阪国税局は実質経営者を特定した。実質経営者が同じシーエスアート社など他の会社を調べ、従業員らから顧客とのやり取りの内容を聞き取るなどし、押し買い行為を確認したという。

スポンサード リンク

「近く破産手続きへ」
シーエスアート社は、取材に対し「訪問買い取り業をしていない」とし、押し買いを否定している。今回、税務調査を受けた他の会社とも取引関係はあるが、実質経営者が同じグループではないとした上で、「見解の相違があったが、指摘に従って修正申告は済ませた」とした。
一方で、事実上経営破綻しており、他の会社も連鎖倒産の状態といい、追徴分の税金を払えていないと説明。「近く破産手続きを始める予定」としている。
以上、朝日新聞参照

<消費者庁の行政処分>
消費者庁は平成26年5月23日、「買取キング」、「良品倉庫」、「買取バード」という屋号を用いて、訪問購入を行っていた株式会社HE-ART(エア)に対し、本日(平成26年5月23日)、特定商取引法第58条の13第1項の規定に基づき、平成26年5月24日から平成26年8月23日までの3ヶ月間、訪問購入に関する業務の一部(新規勧誘、申込受付及び契約締結)を停止するよう命じた。
株式会社HE-ARTに対する行政処分の概要
1.事業者の概要
(1)会社名:株式会社HE-ART (エア)
(屋号:「買取キング」・「良品倉庫」・「買取バード」)
(2)代表者:代表取締役 森岡将太
(3)所在地:
[登記簿上の本社]:沖縄市海邦一丁目22番13号 コーポ貴1F
[事実上の本社]:所在地:大阪市中央区東心斎橋一丁目3番5号 グラントピア長堀橋202号
その他、東京・名古屋・福岡に支店
(4)資本金:950万円
(5)設立:平成24年2月23日
(6)取引類型:訪問購入
(7)買取商品:貴金属、切手、古着、家電製品等
以上、

2013年の求人広告では
東京支社/東京都江戸川区中央1-16-22 遠藤ビル
名古屋支社/愛知県名古屋市天白区池場3-1114
大阪支社/大阪市中央区上本町西1-2-14 第三松屋ビル5F
2013年2月に福岡に出店とあった。
在籍者/東京支店:20人、大阪支店:30人(全員男性)

お宝館エコハウスを調べると大阪市生野区巽中3-15-21という住所。

リサイクルショップお宝館はエコネットという社もグループ名の模様。
グループ各社がいろいろな屋号を持っているようだ。
 

スポンサード リンク
[ 2018年9月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ