アイコン アップル iPhoneXs、 Xs Maxを発表

 

 

アップルは12日、スマートフォン「iPhone」の最上位機種の最新モデルを発表した。高級スマホ市場での地位強化を目指す。
アップルは、昨年発表した最上位機種「iPhone X」の後継モデルとして、
普通サイズの「iPhone Xs(アイフォーン・テン・エス/ディスプレイ)」と
大きいサイズの「iPhone Xs Max(アイフォーン・テン・エス・マックス)」
を発表した。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は発表イベントで、「われわれは大きな節目に達しようとしている」と述べ、アイフォーンなどの基本ソフト(OS)iOSを搭載した端末の出荷台数が20億台に迫っていることを明らかにした。

スポンサード リンク

また同社は、スマートウオッチ「アップルウオッチ(Apple Watch)」の最新機種も発表した。
新モデルは同製品の第4世代に当たり、心電図の記録や転倒検知のような健康管理に関する新機能が搭載される。転倒検知は、特に高齢者にとって重要な機能となる。
以上、AFP参照

ただ、米トランプ大統領が、中国に2000億ドルの追加制裁を行った場合、(中国製の)アップルウオッチは対象項目になっており、米国での価格が高くなることが予想される。
その次の制裁では、残りのほぼ中国からの輸入全品となり、iPhoneも対象となり、米国での価格が上昇することになる(アップルは上げ幅を縮小するため、納入業者に納入価格を下げるよう強く迫るものと見られる)。

0913_02.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年9月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ