アイコン 自動車業界 自動車大幅減税要請へ ガソリン2重課税問題が先決では

 

 

日本自動車工業会は、来年度の税制改正で、政府・与党に対し、「自動車税」の引き下げなど自動車に関わる税金を大幅に減税するよう要望する方針を固めたと報じられている。

消費増税に伴う販売の落ち込みなどを踏まえた要望だが、税務当局は否定的で、税制改正の大きな焦点となる見通し。

来年度の税制改正や予算編成では、来年10月に予定されている消費増税を踏まえ、自動車や住宅を購入する人への負担軽減策が焦点となる見通し。

車を持つ人が、毎年課税される「自動車税」を、来年10月の新車から「軽自動車税」並みの水準に引き下げることや、車検の際に課税される「自動車重量税」について、一時的に上乗せしている税率を廃止するよう求めている。
また、来年10月以降、「自動車取得税」の代わりに導入される予定の、燃費に応じて課税される新たな制度でも税負担の軽減を要望している。

業界団体は、消費増税に加え、米トランプ政権が、日本からの輸入車への関税引き上げを検討していることも踏まえ、自動車産業が危機に直面するおそれがあるとして、大幅な減税を主張する方針。
ただ、財務省と総務省は、代わりの財源がない中での減税には否定的で、年末に向けた税制改正議論の大きな焦点となる見通し。

スポンサード リンク

自動車に課せられる税金は、車の購入時に課税される「自動車取得税」と、毎年、車の所有者に課税される「自動車税」や「軽自動車税」、それに、車検の際に課税される「自動車重量税」がある。

車の価格や排気量、それに重さなどによって課せられる税額は異なり、自家用の軽自動車に課される、「軽自動車税」は、年1万800円の一方、軽自動車以外の自動車に課される「自動車税」は、例えば排気量が1500CCの場合、年、3万4500円となっている。
また、「自動車取得税」は、来年10月に予定されている消費税率の10%への引き上げの際に廃止されるが、その代わりに、車の購入時、燃費に応じて税金が課される新しい制度が導入されることになっている。
これらの自動車に課される税金の税収は、今年度は合わせて2兆6000億円余りと見込まれていて、国だけでなく、都道府県や市町村の財源にもなっている。

このため、財務省や総務省は、自動車に課される税金の引き下げは、代わりの財源が確保されなければ難しいという姿勢。

ただ、来年度の税制改正では、自動車の所有者に対する税負担の軽減について、総合的な検討を行い、必要な措置を講じることとされているため、年末にかけて、激しい議論が予想される。
以上、

自動車業界は、国民の自動車の日々のランニングコストに大きく影響しているガソリン購入における2重課税問題にも言及すべきだ。
現在、米国主導で日米通商交渉が行われているが、そのすべては自動車業界に起因して生じている。もしも、日本が通商交渉で大幅な譲歩を迫られた場合、その責任は自動車業界にあるともいえる。
海外販売が多い自動車業界はとっくの昔に日本国民の目線にはないのだが・・・。

<個人所得の大幅減税とガソリン税による2重課税禁止が必要>
安倍政権は、国民目線で就業者=労働者に対する大幅減税が必要だ。経済好調下、トランプ政権は大統領就任祝いに、法人企業や個人に対して大幅減税は行った。
アベノミクスの日本は企業に大幅減税したものの、個人からは税増や社会保険料増、公共サービス低下自己負担増で取り捲っている。
高騰しているガソリン価格ですら、ガソリン税に消費税を掛け、高騰すればするほど儲かるというボッタくり商法を国自体が行っている。

 

 
揮発油税
地方揮発油税
合計
本則税率
24.3
4.4
28.7
特例税率
24.3
0.8
25.1
税率
48.6
5.2
53.8
・法違反:このガソリン税にも消費税を吹っかけている。
・2重課税の禁止
 
 
僅かな基本項目の異常だけをチェックする韓国の車検制度では数千円で済む。車両整備は所有者の自己責任を重視し車検制度そのものがない国も多い。日本は、国と整備工場業界が儲かるために高額になるように仕組んだ制度でもある。
 
 
自動車税
排気量
自家用
事業用
軽自動車一律(660cc以下)
10,800
6,900
1.0リッター以下
29,500
7,500
1.0超〜1.5リッター以下
34,500
8,500
1.5超〜2.0リッター以下
39,500
9,500
2.0超〜2.5リッター以下
45,000
13,800
2.5超〜3.0リッター以下
51,000
15,700
3.0超〜3.5リッター以下
58,000
17,900
3.5超〜4.0リッター以下
66,500
20,500
4.0超〜4.5リッター以下
76,500
23,600
4.5超〜6.0リッター以下
88,000
27,200
6.0リッター超
111,000
40,700

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ