アイコン GM  7~9月中国販売▲14.9%減 不買浸透および貿易戦争買い控え

 

 

米ゼネラル・モーターズ(GM)は8日、2018年7~9月期の中国での新車販売台数が83万5934台となり、前年同期に比べて▲14.9%減少したと発表した。
 GMは中国で主要外国ブランドの一つで、昨年は405万台販売している。
中国では他の米国ブランド車の販売不振も目立ち、貿易摩擦で対立する米国勢の購入を敬遠する動き=不買が広がっている可能性が高い。米国勢のマイナスは今年5月から続いている。
2018年1~9月の累計販売台数は▲2.5%減の268万330台。
米中貿易摩擦に伴う景気の先行き懸念から、消費者の購入意欲が衰えて販売が落ち込んだ。

米国勢は8月まで▲10%落ち込んでおり(工場出荷台数ベース)、GMの落ち込みは少なく、ほかのフォードやクライスラーが大きく落ち込んでいるのだろうか。米からの輸入車販売が上昇しているとは思われないが・・・。

スポンサード リンク

GMは、

中国当局から今年9月、330万台の強制リコールを命じられている。
韓国GMも1~9月までの累計で▲13.5%減の世界販売台数となっている。
米国でも1~9月までの累計で▲1.2%減となっている。
米国で2014年、スイッチリコール隠しで12億ドルでの和解金(米企業であり小額)決着。
2009年には経営破たんし、一時国有化された経緯がある。

 

中国市場における米国勢の販売台数(乗用車)輸入車除く
 
2016年
2017年
2018年
 /万台
台数
前年比
台数
前年比
台数
前年比
1月
26.90
10.3%
26.51
-1.4%
26.53
0.0%
2月
17.21
-1.0%
16.95
-1.5%
16.75
-1.1%
3月
23.96
8.4%
24.62
2.7%
22.74
-7.6%
4月
19.72
9.0%
21.45
8.7%
22.10
3.0%
5月
20.16
9.3%
22.15
9.8%
19.63
-11.3%
6月
21.70
1.7%
23.50
8.2%
18.12
-22.8%
7月
21.02
43.5%
20.25
-3.6%
16.83
-16.8%
8月
24.01
32.5%
24.76
3.1%
19.15
-22.6%
9月
28.33
26.5%
28.91
2.0%
 
 
10月
28.51
17.9%
29.97
5.1%
 
 
11月
31.45
15.2%
31.74
0.9%
 
 
12月
32.66
4.6%
33.15
1.5%
1~8月
合計
296.46
14.2%
303.95
2.5%
161.85
-10.2%
中国計
2437.69
14.9%
2,471.83
1.4%
1,519.26
2.6%
・GMは2017年中国で404万台販売(輸入車と3社合弁生産車含む)。
・中国計は乗用車の工場出荷ベースの販売台数の総計、GMは商用車もあり
2018年の合計は1~8月までの乗用車の累計値
・中国汽車工業協会版、マークラインズ参照
 

スポンサード リンク
[ 2018年10月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ