アイコン アスパーク EVスーパーカー「アウル」360万ドル予約受付 限定50台 0⇒100K=1.9秒

 

 

世界最速で時速100キロまで加速できる「EVスーパーカー」が登場する。

日本の技術系人材派遣会社で電気自動車(EV)の開発も手掛ける「アスパーク」(会社概要下記)は、今月2日から14日まで開かれるパリモーターショーで、50台限定でEVスーパーカー「アウル(owl)」の先行予約を受け付ける。
同社によると、価格は360万ドル(約4億900万円)で、契約時に100万ドルを支払う必要がある。アスパークは注文顧客に来年上半期から引き渡しを始める計画。
スポンサード リンク
アウルは2人乗りで、静止状態から時速100キロまで加速する時間が1.9秒。
これはレーシング用のF1マシンに匹敵する水準で、乗用車としては初めて2秒の壁を超えた。
一般的なスーパーカーは、いくらパワーがあっても、燃料を燃やして動力を得る過程があるため、加速に時間がかかる。
 
しかし、EVはすぐにモーターを稼働できるため、相対的に素早く加速できる。アウルの車体に金属ではなく炭素繊維を採用し、重量を860キロまで軽くしたことも加速性能を高める上での秘訣。
 
炭素繊維は鉄と比べ重さが4分の1だが10倍以上の強度を持つ。
 
アウルは、最高時速280キロ、1回充電で150キロ程度を走行が可能だという。
 

アスパーク EVスーパーカー「アウル」

 

会社名
株式会社アスパーク Aspark Co.,Ltd
本社所在地
大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー10F
設立
2014年01月(創業2005年10月)
代表取締役
吉田眞教
資本金
5000万円(2014年4月4日変更)
従業員数
2305名(2018年4月現在)
平均年齢
33歳
決算月
3月
主要取引銀行
三菱東京UFJ・りそな銀行・みずほ銀行
事業内容
主事業は技術系の人材派遣業
労働者一般派遣事業 派27-302033
経過措置に伴う旧届出番号 特27-306175
医療に特化した有料職業紹介事業 27-ユ-301690
電気自動車開発
機械・電気・電子の構想開発設計
実験・生産技術業務
製薬・化学分野の合成
分析業務のアウトソーシング業務
プログラミング開発
採用支援事業
Webサイト制作
Webアプリ開発
コンタクトレンズの検索【コンタクトシティ】

スポンサード リンク
[ 2018年10月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ