アイコン ホンダ 完全自動運転車開発でGMと提携 3千億円出資 ライドシェアサービス向け

 

 

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は3日夜、無人の自動運転によるライドシェア(相乗り)サービス向けの専用車を共同開発することで合意したと発表した。

ライドシェアサービス事業を世界で展開することも視野に入れている。

ホンダが、GM傘下で自動運転を手がけるGMクルーズホールディングスに7.5億ドル(約850億円)を出資。出資比率は5.7%。

スポンサード リンク

今後12年間で計20億ドル(約2260億円)の事業資金も支出する。

共同開発するのは、電気自動車(EV)をベースにした専用車。

ホンダが車両の外観や内装のデザインを担い、EV技術を含めた車両の製造責任はGMが負う。ライドシェアサービス事業はクルーズが担う。

スポンサード リンク
[ 2018年10月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ