アイコン 富士通 リストラ 5000人対象で配置転換、転職OK支援

 

 

富士通は26日、2020年度までにグループ全体で5000人規模の配置転換を行うと発表した。対象となるのは総務や経理などの間接部門で、研修を通じて営業職やシステムエンジニアとして育成する。IT(情報技術)サービスなどの成長分野を強化する狙いがある。
富士通はグループ全体で間接部門に約2万人の従業員がいる。配置転換後の仕事に合わない従業員には、転職を支援する制度を提案することもあるという。
 以上、

企業も官庁も同じく組織は膨張する習性を持つ。しかし、企業にあっては業績下降局面ではまず人減らしが始まる。
富士通は2017年3月末の従業員数は15万5千人、2018年期末は14万0千人と▲1.5万人減少している。
日本の大手電機・家電・電子メーカーは総崩れとなっている。

スポンサード リンク

富士通はサーバーで国内首位、官公庁に強い。売上高構成はテクノロジーソリューション73%、ユビキタスソリューション13%、デバイスソリューション13%/海外37%(欧州に強い)

同社はテクノロジーソリューションの2018年の売上高3兆1000億円(営業利益率4%)を2022年には3兆1500億円(営業利益率10%)にするとしている。
以前、経営陣に内紛があったような。
同社に光るものはなくなっているように見えるが・・。

 

富士通/IFRS方式
連結/百万円
17/3期
18/3期
19/3期予
売上高
4,509,694
4,098,379
3,900,000
営業利益
128,861
182,489
140,000
 同率
2.9%
4.5%
3.6%
経常利益
135,147
242,488
 
当期利益
88,489
169,340
110,000
総資産
3,191,498
3,121,522
 
自己資本
881,292
1,087,797
 
資本金
324,625
324,625
 
有利子負債
485,092
401,889
 
自己資本率
27.6%
34.8%
 
 
 

スポンサード リンク
[ 2018年10月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ