アイコン 西日本シティ銀行 「弥生」の会計ソフトを無料提供 創業5年内の顧客向け

 

 

弥生会計西日本シティ銀行(福岡市)は24日、会計ソフト販売の「弥生」(東京)と提携し、創業間もない企業に会計ソフトを無料で提供するなどの支援を始めると発表した。

西日本シティ銀行に預金口座を持つ創業後5年以内の法人と個人事業主が対象。

年間1万2千円〜3万円(税抜き)かかる利用料が最大14ヶ月無料になる。

提供開始は11月から。

クラウド会計ソフト分野で5割超のシェアを持つ弥生が、銀行と創業支援で提携するのは初めて。

12月からは資金調達の手法など創業時に役立つセミナーを共同で開催する予定。

以上、

スポンサード リンク

創業支援だろうが、開発や営業に専念する経営者たちにとり、経営にかかわるセミナーなども役に立つ。

西日本シティ銀行はVCも積極的に活用すべきだろう。

福岡市は九州から人を集積させる商業都市、IT・ゲームも何もかも中途半端。地の利を標榜するが中身がない。今後、世界に向け光るもの、光る中核企業が必要だろうが・・・。いつからでも遅くない。いずれ福岡市も人口減少が始まる。

東京一極集中は全国一律の法人税率(国税)にあり、経済特区を生かして、巨大企業誘致のため、福岡市の市長は法人税率を下げることも安倍首相・麻生副首相に要請すべきだろう。

スポンサード リンク
[ 2018年10月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ