アイコン 北海道胆振東部地震 被害総額3,675億円 被害詳細

 

 

製造、卸売り、小売りなど商工業の被害影響額は1,318億円
工場の設備損壊など商工業の直接被害は120億円
停電で廃棄した在庫などの被害が136億円。
観光影響額は356億円

9月6日発生した最大震度7の北海道胆振東部地震、道内の被害額が3,675億5100万円に上ることが3日、道のまとめで明らかになったと報道されている。

うち停電で操業できなくなったことによる製造、卸売り、小売りなど商工業の被害影響額は1318億円だった。
停電の影響による生乳・枝肉・卵の処分や商品・在庫の廃棄が136億円。
観光では、9月末までに宿泊施設のキャンセルが114万9000人に上り、交通費や飲食などを含めた観光影響額は356億円に増えた。

これまでに、農林水産業や公共土木施設などの被害が判明している。
以上、報道参照

スポンサード リンク

被害額は、まだ増え続ける。

<下記 9月25日公表分>
北海道庁は9月27日、公共土木施設や農林水産業、停電での被害額について、1827億円(25日時点)に上ったと発表していた。観光業の被害292億円を合わせると2,119億円となる。

 

<9月25日現在の状況>最新はまだ開示されていない。

9.6北海道胆振東部地震被災状況/道発表分
死者
41人
 
負傷者
689人
 
全壊
167件
 
半壊
463件
 
一部損壊
4329件
 
避難者
16,649人
 
 9月25日現在
656人
 
9月25日現在被害状況 調査継続中あり/道発表分
 
被害
百万円
総務部
庁舎や教育施設
53
総合政策部
苫小牧港等損壊
2,482
環境生活部
水道・文化施設等
4,887
保険福祉部
施設等損壊
352
経済部(調査継続)
商工被害(継続)
8,208
農政部
農作物被害
5
収穫物被害(継続)
32
家畜被害(継続)
63
畜産物被害(継続)
2,424
営農施設被害
91
農協等施設被害
1,844
自治体施設被害
162
農地・施設被害
9,306
牧草放牧施設被害
1
小計
13,928
水産林務部
漁業施設
1,014
林地・治山施設
22,522
林道施設
4,775
その他
139
小計
28,450
建設部
河川
15,300
道路
64,300
橋梁
21,200
その他
23,500
小計
124,300
企業局
水力発電・工業用水道等損壊
128
教育庁
学校・教育施設損壊
調査中
合計
 
182,788
観光影響額
キャンセル942千泊(継続)
11,725
観光施設69千人(継続)
250
フェリー・遊覧船22千人(継続)
40
観光バス4千人(継続)
374
小計
29,200
その他
航空キャンセル
 
フェス等イベント中止
 

 

スポンサード リンク
[ 2018年10月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ