アイコン 中国、爆買い・入管審査大幅強化 罰金も  抜き打ちか、今後常態化か

 

 

海外で買い物サービスを請け負う代理購入者は、中国各地の税関で一定量以上の商品を持ち込んだとして罰金を課せられた、と相次いでインターネットに投稿されたという。
海外の爆買いブームを長い間けん引してきた同サービスへの摘発は、爆買いに打撃を与えるとの見方が出ている。

インターネットの投稿によると9月28日、上海浦東国際空港で税関職員が中国人の旅行客に対して徹底的な荷物検査を行った。
個人の使用では考えられない大量の化粧品、腕時計を所持する人に多額の罰金を科したという。
スーツケースを開けたまま検査を待つ人が長蛇の列を作った。検査は当日の昼間から翌日未明の午前1時まで続いたという。
香港から深センに入る出入境検査所の福田口岸でも、深セン市税関当局が同様の検査を実施した。
中国税関当局は、中国住民が外国で取得した総額5000元(約8万3200円)以上の物品がある場合、申告をしなければならないと定めている。

海外で購入したリップクリーム、スキンケア化粧品、カバン、腕時計、電子製品などが罰金の対象となった。
ある投稿によると、税関職員は、女性用フェイスパックを1枚ずつ数え、超過分のフェイスパック1枚に対して20元(約333円)の罰金を科したという。

スポンサード リンク

SNS上で、検査を受けた代理購入業者によると、世界ファッションブランド「トム・フォード(Tom Ford)/米国」の口紅10本に1800元(約3万円)、フェイスパック3箱に200元(約3300円)以上、スイス高級筆記具ブランドのモンブラン(Montblanc)のカバン1個に900元(約1万5000円)の罰金が科せられた。
これに対して、「税関は気が狂ったのか」と非難する声が上がった。このような厳しい摘発は初めてだという。
以上、

中国・入管当局による抜き打ち的な審査強化と見られるが、中国のことだからわからない。これまでにも外貨流出削減目的で、取締りを強化、中国超大手不動産会社による海外不動産取得や海外ホテルチェーンなどのサービス会社の購入を厳しく制し、万達は倒産寸前まで追い込まれ、安邦保険は倒産させられ、国家管理で米国などでに所有する不動産が売却されている。

不正腐敗摘発が、これまで政敵潰しの習政権強化のために行われてきた。しかし、最近では、国民に対する取り締まりが強化されており、融資制限におけるネット金融会社の倒産・金融会社に投資していた個人投資家のデモ頻発、デモ参加者の強制連行など、早期に芽を潰す動きも徹底させている。100万人超のウイグル族を大規模収容し、世界でも問題視されている。
俳優の出演料限度額規制も図られている。女優ファン・ビンビンの巨額脱税事件もそうした取締り強化によるものだとされる。
米中貿易戦争の激化、これに対する中国共産党による習独裁政権に対する不満分子の事前摘発の一環であることだけはく間違いだろう。
大きくなり過ぎたアリババの若い馬会長の会長退任発言も、そうした圧力の下に行われたものと見られている。
日本の思考回路では到底理解することが困難な中国共産党独裁政権下の中国である。

日本でも化粧品や薬などの爆買いは続いており、入管審査の強化では、中国人観光客に対する観光サービスのあり方が問われるものとなる。
当然、これまで爆買い対象の商品は販売が少なくなることから、増加した中国からの観光客に多くの人に購入してもらう方策が必要だろう。国内で消費してもらうためには、鑑賞や体験型、食、審査対象にならない身に着けて帰国できるファッションなどへの展開も望まれようか。

<韓国への影響は・・・>
韓国の関税庁の報告では、今年1~8月の免税店総売上高は、前年同期間比35.9%増の12兆3866億ウォン(約1兆2600億円)に上っているという。
これは、中国からの観光客が減っても、中国からの買出し専門部隊が大挙して韓国の免税店だけを訪れ、爆買いしている。韓国の化粧品などは、中国での販売価格差が大きく、少々安価に販売しても、大儲けできるという。
THAAD規制されるまで、韓国へは多くの中国人が訪れていたことから、買出し部隊の商品ニーズは高く、渡航費を支払っても大儲けするという。

そうした買出し専門部隊が中国の入管チェックが厳しくなれば、割に合わなくなり、急減する可能性もある。
昨秋、韓国は中国に対し3不表明し、中国は少しずつ規制を緩和する方向にある。それ以降、ツアー客の許可対象を山東省、北京市に加え、上海市、重慶市に拡大している。しかし、LCCチャーター便利用の韓国ツアー観光はまだ禁止されている。それでも中国からの観光客は大幅に増加してきていることも今回の免税店売上高の大幅増に影響しているものと見られる。

訪韓観光の帰国客を対象に中国が入国審査を厳しくすれば、免税店の売上高が激減すると見られ、逆に韓国からの帰国客を対象にしなければ、中国政府の韓国政府に対する思いやりと評価されるみかたもあるが・・・。中国政府は、規制の強弱の出し入れにより、韓国をコントロールしようとしている。

スポンサード リンク
[ 2018年10月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ