アイコン 中国、来年7月「天宮2号」も地球に落下  今年4月には「天宮1号」落下

 

 

中国の宇宙局は26日、同国が打ち上げた宇宙実験施設「天宮2号」について、2019年の7月に地球の大気圏に再突入する計画だと発表した。制御された状態で落下するとしている。

今回の発表の半年前には、中国初の宇宙実験施設「天宮1号」が制御不能な状態で地球に落下し、世界的なニュースとなっていた。
天宮1号は2011年に打ち上げられたが、2016年3月に宇宙局が「機能を停止した」と発表した。原因は明らかにされなかった。
地球の周回軌道から外れた天宮1号は今年4月、大気圏に再突入し南太平洋に落下。その大部分は海面に達する前に燃え尽きた。

2016年に打ち上げられた天宮2号は、2年間地球の周回軌道上を回っている。同年には宇宙飛行士2人が施設内に1ヶ月間滞在し、中国における有人での宇宙滞在ミッションの最長記録を達成。国営メディアによると医学、物理学、生物学に関する実験を行ったという。

スポンサード リンク

宇宙局の担当者はメディアを通じ、「天宮2号は2年間のミッションを完遂した。積載物はすべて良好な状態にある」と説明した。

中国は2022年前後に恒久的な宇宙ステーションの打ち上げを目指しており、天宮によるプログラムは、それに向けた最初の取り組みと位置付けられている。
以上、CNN報道

中国の衛星や宇宙ステーションはほとんどが軍事目的で打ち上げられていると見た方が賢明だろう。

0927_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年9月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ