アイコン 南シナ海濤高し 米軍11月に大規模演習か

 

 

米海軍が中国への警告として、大規模な示威行動を展開する案を策定したことが4日までに分かった。複数の米軍当局者が明らかにした。中国による軍事行動を抑止し、これに対抗する狙いもあるという。

海軍の試案では、11月の1週間に太平洋軍による複数の作戦を実施するよう勧告している。
目的は、米軍の艦船や戦闘用航空機、部隊などを投入して集中的に演習を実施することで、複数の前線で迅速に敵に対抗できる米国の能力を見せつける狙いがある。

計画では、「航行の自由作戦」の一環として南シナ海や台湾海峡の中国領海付近で艦船や航空機を展開し、公海内における自由通行の権利を誇示することを提案。
その場合、米軍の艦船や航空機は中国軍の近くで活動することになる。
国防当局者は、中国側と戦闘に入る意図はないと強調した。

スポンサード リンク

米軍は1年を通じてこうした作戦を行っているが、今回の提案では、僅か数日のうちに複数の任務を実施するよう求めている。
当局者の1人は、この計画について「一案に過ぎない」としているが、すでに相当程度進行しており、機密指定の作戦名も付けられている。いずれの当局者も作戦名については明らかにしなかった。
中国が多くの場合こうした作戦を挑発とみなすことは当局者も認めており、中国側の反応に関して情報機関が懸念を示す可能性もあるという。

この提案は軍主導で進められているものだが、米中間選挙のある11月に米軍が中国から抵抗を受ければ、トランプ政権にとっても政治的影響が及ぶ可能性がある。
以上、

当演習は、11月6日の中間選挙の宣伝になるかどうかで、実施を米軍最高司令官のトランプ大統領が判断するものと見られる。

中国を南シナ海でけん制するには、米(空母艦隊2隻投入、1隻待避)・日・台・印・豪・仏・英+NATO艦隊での大規模合同海上演習を実施すれば目が覚めるだろう。
米軍だけでは米中対立の構図となり、情報戦ではトランプが世界中から嫌われており不利。

<↓米イージス艦への中国駆逐艦の威嚇の異常接近>
9月30日前後に行われた米太平洋艦隊の南シナ海における航行の自由作戦、米誘導ミサイル駆逐艦「ディケーター」(=イージス艦)に、後ろから近づいた中国の駆逐艦「洛陽」が、舳先を米艦に40メートルまで近づけ威嚇、前を行く米艦が退避行動をとったという問題が発生した。
9月26日、米軍は戦略爆撃機B52を、中国が南シナ海にかつてに埋め立て要塞化している付近の上空を「航行の自由作戦」敢行した。中国は反発している。

1005_06.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年10月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ