アイコン 織田信長ゆかりの桃巌寺の破戒僧 無断土地売却着服 同居女性と 名古屋大仏の寺

 

 

愛知県警は、織田信長の父信秀の菩提寺として知られる名古屋市千種区四谷通2-16にある曹洞宗「桃巌寺」の所有地を無断で2億円余りで売却し、一部を着服したとして、業務上横領の疑いで前住職の男性(94)と、寺の預金通帳などを管理していた同居女性(71)を書類送検していたことが9日わかったと報道されている。

2人の書類送検容疑は、2013年3~6月ごろ、寺が所有する名古屋市千種区の清住町と本山町の2ヶ所の土地計約900平方メートルを計約2億1千万円で売却、2014年9月にかけて、売却代金が振り込まれた寺の口座から引き出して一部を着服した疑いがもたれている。

スポンサード リンク

↓名古屋大仏
桃巌寺にはなぜか緑色のダウンタウン浜田似の大仏があり、マニア向けの観光地となっている。

ダウンタウン浜田

スポンサード リンク
[ 2018年10月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ