アイコン 大谷選手 手術成功 右ひじトミージョン手術

 

 

MLBエンジェルスの大谷翔平選手が10月1日午前、ロサンゼルスの病院で右ひじのじん帯を修復するトミージョン手術(側副靱帯再建手術)を受け、手術は成功したと球団が発表した。
大谷選手がピッチャーとして復帰するのは再来年以降となる一方、バッターとしては、来シーズン中に復帰できる見通し。
エンジェルス関係者は、今年のようにマウンドで投げて、打てるようになることがいちばんいいシナリオだと述べ、大谷選手が投打の二刀流で復帰してプレーすることを後押しする考えを改めて示した。
大谷選手は、今年6月に先発登板したあと、右ひじのじん帯を損傷していることがわかり、治療とリハビリをへて、9月2日のアストロズ戦で約3ヶ月ぶりにピッチャーとして試合に復帰したが、この登板のあと、じん帯に新たな損傷が見つかり、大谷選手は手術を受けることを決断していた。
以上、

スポンサード リンク


9月30日が今シーズンの試合終了、1日に手術、できる人は決断が早い。

今シーズンの投手としての成績は
4勝2敗、
防御率3.31、
当番試合10試合で計51.2イニング、
奪三振63、
失点19/自責点19。

打者として、
打率286、
打点58、
本塁打22本。
当番試合数113試合(代打出場試合数含む)、打数322、安打数92、盗塁10、得点58、出塁率362、長打率568。

あとは新人王争い
2刀流ショウヘイは、西部地区の野球人口を大幅に増加させた。また全国にファンを獲得。受賞は故障もあり微妙なところ、どう記者たちに評価されるかだが、記者たちには歴史的にも貴重な2刀流で取り上げられやすく、故障したものの結果を残しただけに、好印象をもたらしたものと見られる。
3年目は投手としても復帰、米全国区の野球ファンをうならせ、アナハイム球場に全国の野球ファンや女性ファンが押しかけるようになってもらいたいものだ。

1002_04.jpg
画像:J Sports
 

スポンサード リンク
[ 2018年10月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ