アイコン ご用心 レクサスRXの盗難急増 ヤードでバラバラ海外輸出用

 

 

愛知県では8月以降、トヨタの高級スポーツ用多目的車(SUV)「レクサスRX」(新車価格1100万円台)の盗難被害が急増しているという。
被害件数は8~9月の2ヶ月間だけで58台と昨年1年間の33台を上回っているという。
いずれも施錠された状態で盗難にあっており、愛知県警は車の所有者に長時間にわたって駐車する時には、ハンドルやタイヤを固定する器具を装着するなどの盗難対策をするよう呼びかけている。

県内では、今年9月末までに646台の自動車盗難被害があり、車種別ではプリウスが185台、ランドクルーザーが91台で、レクサスRXは73台で3番目。しかし、8~9月に限ると車種別で最多だった。

盗まれたのは約9割が名古屋市内で、人通りの少ない深夜から未明にかけて被害に遭った。
58台中57台が、2015、16年に生産された車両。
同車は2015年にフルモデルチェンジをしている。
レクサス・インターナショナル広報担当者は、「それ以降、海外での人気が高まっている」としたうえで、この2年の生産車に限った防犯上の大きな変更点はないという。

スポンサード リンク

愛知県警は、この「2年」に被害が集中している理由については現時点では不明としている。
盗まれた高級車は、解体されて海外に売られ、現地で組み立てられることが多く、「この年式が売りやすいという販売ルートがある可能性もある」(捜査関係者)という。

愛知県警は、ハンドル固定の「ハンドルロック」やタイヤの固定、警報装置の設置のほか、ナンバープレートに盗難防止ネジを取り付ける対策を勧めている。
県警生活安全総務課の春日章次長は「自動車盗集団は一般的に、盗んですぐにナンバープレートをつけ替えるため、すぐにナンバープレートを取り外せない車は嫌がられる」と説明しているという。
以上、報道参照

全国でも同じことだろう。
人里離れた内部が見えないフェンスに囲まれたヤードでこうした解体作業が行われ、輸出の際には地金扱いにし、税金もほとんどかけられず輸出、現地で再組立、再塗装して販売している。当然、国内-海外で組織が構築されている。
ヤード経営者は外人さんたちも多い。
こうした窃盗グループ(日本人や日本人に似た者)が存在し、バラバラ解体担当のヤード経営者、バラバラにした「レクサスRX」を輸出先企業と結託した輸出担当業者(外国人が多い)が日本にいる。すべては輸出担当業者のニーズに基づき、窃盗グループが「レクサスRX」の窃盗を働いている。
警察がこうした高級車の窃盗事件で摘発する件数は非常に、異常に少ない。警察官にはこうした高級車を購入できる人たちがいないため、力も入らないのだろう。

1015_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年10月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ