アイコン 押し買いの「リサイクルセンター東北」の6人逮捕

 

 

岩手、宮城、山形、福島4県警の合同捜査本部は20日、高齢者らから貴金属などを買い取る際に契約解除できることを伝えず、必要事項を記した書類を交付しなかったとして、特定商取引法違反(不実告知、不備書面交付)の疑いで、仙台市青葉区の訪問購入業「リサイクルセンター東北」経営、佐瀬常太容疑者(39)=仙台市青葉区=と従業員ら計6人を逮捕した。

 佐瀬容疑者と4人の従業員は容疑を認めており、従業員の1人は否認している。

 宮城県警によると、佐瀬容疑者らは16年1月以降、宮城など東北6県や栃木、千葉、新潟で計1900件以上の訪問購入し、買い取り額は1億4200万円に上る。

スポンサード リンク

押し買い商法では9月13日、大阪のシーエスアートがグループで11億円の所得隠し、国税から追徴されたと報じてられていた。ただ、国税は告発しておらず検察も警察も動いていないようだ。

平成26年に消費者庁は、シーエスアートと実質同じ経営者の株式会社HE-ARTに対して3ヶ月間の営業停止命令を掛けたが、その後、消費者庁は野放図にさせていたようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年9月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ